恋愛・結婚

2016年03月14日

他人の心を支配しようとしなければ、深い信頼関係で結ばれる。違いを認めて尊敬できれば、心穏やかに付き合える。

■押し付ければ避けられる。


親子であろうが、上司部下であろうが、恋人だろうが、お互いの距離がどれだけ近かろうとも、自分と他人は違うというのは当たり前

小川健次Blog

人生観や価値観、趣味趣向に至るまで、100人いれば100通り。皆それぞれ違う。続きを読む

小川健次小川健次 at 01:10│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年03月11日

大切な人の幸福を優先するから、相手からも大切な人だと思われる。自分の幸福だけを優先すれば、めんどくさい人だと思われる。

■手放して想いに寄り添えば返ってくる。


自分がそうして欲しいと思うこと。それをやってもらえれば誰だって嬉しい。自然と笑顔もほころぶものです。

小川健次Blog

そして、それをやってくれた人のことを好きになる。いや、好きになるまではいかないしても、少なくとも嫌いにならない。敵だとは思わない。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:32│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年03月10日

リセットする覚悟で向き合えば、お互いを大切にできる関係で結ばれる。中途半端に守ろうとすればするほど、惰性と馴れ合いが断ち切れなくなる。

■リセットする覚悟が関係を深くする。


いくら意見を出し合って、腹割って話してみても、未来永劫お互いにわかり合えない、理解し合えないことはある。

小川健次log

人生いろいろ価値観いろいろ。そもそも人生観や価値観が違っていれば、どうやったった合わないことなんてのはありますよ。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:35│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年03月07日

<お知らせ>
配信回数500回を超えてなお毎日継続配信中のメールマガジン。
ブログ本編の更新情報を中心にしながら、ちょっと違った切り口と悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味で(悪ふざけが嫌いで気の短い人と、メンタル弱い人にはお薦めしません)。

【無料/小川健次メールマガジン『ブログには書けないここだけの話し』】
小川健次メール


大切な人の心に寄り添うから、想いを言葉にできて信頼関係が深まる。自分を守ることを優先するから、何も言えずにお互いの溝が深まる。

■その人の想いに寄り添えば必ず伝わる


ときと場合によっては言っちゃいけないことはある。ことと次第によっては、その言葉を口にすることで皆が傷つくこともある。

小川健次

言葉はときに凶器になりうる。だからその使い方は、慎重を期するべきというのは当然のことだし大前提。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:36│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年03月03日

出会いたい人に出会えるし、結ばれたい人と結ばれる。イメージ次第で、恋愛でもビジネスでも人間関係はうまくいく。

■周囲にいる人との関わりは自分のイメージの結果。


虫の知らせとも言うべきか、普段はあまり関わりのない人のことが、突然心に湧いてきたと思ったら、なぜか突然の人と道でバッタリなんてことがある。

小川健次Blog

今度会う約束をしていても、なぜか心にモヤモヤしたものがある。すると約束の直前に、その人からキャンセルの連絡が入ってきたなんてこともある。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:47│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年02月29日

見返りへの期待と執着を手放せば、心が愛に満たされる。大切な人の笑顔を見られる喜びのためだけに、全力を尽くそう。

■見返りを求めないほうが合理的


誰かのために何かをすることで、褒めてもらえる、愛される、ギャラが貰える。そんな期待感があればこそ、ヤル気も湧くというもんでしょう。

小川健次Blog

その期待感があるからこそ、前向きに取り組めるし、結果に対してもこだわれる。だから取り組みそのものの質も高くなる。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:29│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年02月27日

相手の心を理解しようとする思いが、愛の見返りを引き寄せる。望まれない愛を押し付けるから、不安と心配を引き寄せる。

■押し付けの愛はありがた迷惑大きなお世話。


これっぽちも欲しいとも思っていなければ、望んでさえいない。むしろ不要だとさえ思うものを与えられても困るだけ。

小川健次Blog

しかもそれが、その人の心からの善意というやつであれば、なおさら困るというもの。断りづらいし、NOとも言いづらい。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:05│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年02月24日

人間関係のわだかまりは、ちゃんと話せば消えて無くなる。妄想で決めつけてお互いが傷つく前に、本心を正しく伝え合おう。

■小さなきっかけから生まれる妄想が大惨事になる。


妄想というやつは、放っておく時間が長くなれば長くなるほど、どんどん膨らんで大きくなるもの。

小川健次Blog

根拠なんて些細なことでいいんです。ホントに小さなことでも、きっかけさえあれば、どんどん脳内を占める割合が大きくなる。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:18│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年02月22日

心の「愛したいスイッチ」をONにすれば、他人の言葉に傷つかなくなる。ストレスから解放され、他人との関わりに笑顔と喜びが満ち溢れる。

■言葉の価値観は人それぞれ


それまで生きてきた環境が違えば、今置かれている環境だって違うもの。あなたはあなたで他人は他人。

小川健次Blog

それぞれに価値観や人生観がある。良いか悪いか、好きか嫌いかに関わらず、それぞれに考え方がある。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:34│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年02月21日

愛を与える喜びを感じると、愛を失う恐怖は消えて無くなる。執着を手放して愛を注げば、それと同じだけの愛をその手に引き寄せる。

■愛を失う恐れや不安は、ときにすべてを台無しにする。


すでに持ってるものであれば、それがよほど不要で断捨離したいものでもなければ、失うことを惜しいと思うかもしれない。

小川健次Blog

惜しいくらいならまだいいが、それが不安や恐れになって、失いたくないと思うばかりに何もできなくなるのじゃ本末転倒。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:23│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote