モティベーションUP

2016年03月02日

できると言葉にしてみると、潜在意識にできるイメージが描かれる。熱いお茶飲んでゆっくり考えれば、チャンスはいくらでも見つけられる。

■できるかできないかは自分が決める


さんざん思考を巡らせて、あれこれ実際に試してみて、チャレンジしてみて、その結果として無理と判断するならそれでいい。自分で自分に納得できればそれがいい。

小川健次Blog

でも、何も考えもせず、試してもみず、何となくの条件反射で「無理」と判断しているならちょっと待て。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:34│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年02月25日

いつもの自分でいれば、大事な場面でも緊張せずにうまく話せる。伝えたいことがうまく伝わらないのは、違う自分を演じようとするから。

■自分じゃない自分になろうとしない。


好むと好まざるとに関わらず、複数の人の前や、ドキドキする人の前で話さなきゃいけない場面というのは、誰にでもあるものでしょう。

小川健次Blog

そういうときってのは誰だってうまく話したいと思うもの。注目されてる。こちらを向いてくれている。その場そのときには綺麗に自分を見せたいもの。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:49│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年02月23日

失敗しても再チャレンジできるし、誤りがあっても修正できる。動き出してしまえば、最初に思っていたほど困ったことにはならない。

■命までとられるような失敗なんてない。


熟慮に熟慮に重ねた上で、選択肢はこれしかない、間違いなくこれだと思って決めてはみたものの、実際にフタを開けてみたら、まるで間違ってったなんてことはある。

小川健次Blog

時間をかけて周到な準備万端でスタートしてみたものの、実際に動き出してみたら、あっけなくコロっと失敗するなんてことだってありますよ。続きを読む

小川健次小川健次 at 03:00│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年02月20日

自分で決めたことだから、結果がどうあれ納得できる。流されずに決断すると、明日の自分が今の自分を褒めてくれる。

■決めれば自信が養われる。


生きていくには何かやらなきゃいけない。食うには働かなきゃいけないし、確定申告は3月15日までにやなきゃいけない。

小川健次Blog

好むと好まざるとに関わらず、必要に迫られてやらなきゃならないことは、いつでも誰にでもあるもんですよ。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:02│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年02月18日

最初はうまくいかなくて当たり前。失敗しても気にすることはない。そこで投げ出さずに継続すると、物事は一気に面白くなる。

■不慣れなことはうまくいかなくて当たり前。


はじめてのことってのは、そりゃまあ、最初に思っていたほどにうまくいかないことが少なくない。

小川健次Blog

頭の中ではあれこれシミュレーションしていたにも関わらず、現実のその場になってみると、まるで違う結果になってしまう。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:30│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年02月17日

他人の発言のほとんどに意味がないから、華麗にスルーで全然OK。ポジティブで価値ある言葉のみを、選択して受け容れよう。

■悪意のある発言なんて実は無い。


人は気分でものを言う。いや、もちろん気分で言っちゃいけないこともあるし、そういう場面もあるにはある。

小川健次Blog

とはいえ、実生活で、いちいち熟慮の末に発言しようものなら、会話なんか成り立たないし、それ以前に生活に支障をきたすでしょう。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:47│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年02月15日

思考と行動のパターンを変えれば、未来も望みどおりに変えられる。これまでの自分に固執せず、望みの結果を出すことに固執しよう。

■思考と行動のパターンが現在の結果を生み出している


それなりに年数重ねて生きてれば、その人それぞれの習慣というものができてくる。まあクセという言い方でもいいかもしれない。

小川健次Blog

個人の場合に限らずとも、組織や集団という単位でみた場合にも同様に、習慣というものが誰がどう言ったわけでもなくできてくる。いわゆる慣例や慣習というもの。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:40│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年02月13日

苦しくてしんどいなら、泣いて酒飲んでとっと寝ればいい。心身の疲労を溜ずに吐き出せるのも、望みの結果を手にする人の共通項。

■無理なときに無理しても無駄なだけ。


そこで何が起こっているか、そこに何があるのかは、実際のところは関係ない。その人の心のありよう次第。解釈次第で変わるのだから。

小川健次Blog

生きてりゃ誰にだって楽しい事もあれば、苦しいこともある。笑えることもあれば、悲しいときだってあるものでしょう。禍福は糾える縄の如し。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:02│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年02月11日

苦しいときこそ、誰かの力になれれば問題を解決できる。自分がして欲しいと思うことは、何よりもまず他人にそうしてあげよう。

■マイナスをプラスに変える処方箋


どうも思い通りにいかないと感じるときがある。何が悪いというわけじゃないのに、いまいちパッとしない。

小川健次Blog

別に気が乗らないわけじゃない。特段体調悪いワケでもない。それでもなぜかうまくいかない。納得できる結果を出せない。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:49│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年02月10日

予期せぬ出来事に心揺さぶられても、根っこがブレなければ大丈夫。あなたがホッと落ち着ける場所、還るべきところはどこですか。

■見た目揺れても根っこがブレなければ大丈夫


なんだかんだ言いながらも、自分の家に帰るとホッとする。自分が普段使う枕が一番良く眠れる。

小川健次Blog

あれこれ試してみたり、あれこれ興味関心持ってみたりしても、結局落ちつくところが一番落ち着くものでしょう。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:37│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote