使える脳力開発ネタ

2017年02月28日

何を言おうが、言うことは誰でもできる。言うことにその場では大した代償も伴わない。

とはいえ、発した言葉には、その内容に応じた責任というものも勝手についてくるもの。それが特定の誰かに発したものであれば、その特定の誰かにとって、そこで発せられた言葉の意味は時として思い。

もちろん、言いっ放しでバックレるというのも手段としてはある。が、その結果は、後で信頼という大きなものを失うことになる。

大切にすると言ったら大切にする。大切にして欲しいと言ったなら、自分が言った以上に相手を大切にする。コトの大小に関係なく、自らが発した言葉に対して、自らが責任を取るからこそ、発話者に信用と信頼が生まれるものでしょう。

言葉にするのも愛。が、言葉にするだけじゃ伝わらない。それを行動で示し、言葉に説得力を宿らせるからこそ、その愛が相手に伝わるというもの。言うだけなら誰でもできますしね(^。^)y-.。o○

小川健次ブログ



小川健次小川健次 at 20:22│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年04月03日

その人の幸福だけを願うと、お互いの心の距離がグッと縮まる。期待した見返りに執着すると、お互いの心の距離がどんどん遠のく。

■愛してるのに愛してもらえないのは。


熱烈にアプローチをしても、まるで相手にしてくれない人がいる一方で、なぜだかいつも近くにいる人もいる。

小川健次Blog

それまでは親密な関係だったのに、会わなくなると三日後には忘れてしまう人もいれば、一回一緒に飲んだだけなのに、心から消えない存在になる人もいる。


続きを読む

小川健次小川健次 at 00:02│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年04月02日

お互いの立場に思いを巡らせると、相手の違った顔が見えてくる。冷静にイメージできれば、人間関係での失敗を減らせる。

■誰にでもいろんな顔がある。


その人の印象なんてのは、服装などの見た目の容姿に左右されるもの。そういう意味では第一印象が大切だというのは、まあ当たり前と言えば当たり前。

小川健次Blog

とはいえ、その第一印象を決定づけるのは、服装や見た目の容姿だけじゃない。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:23│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年04月01日

■(雑談)ブログ記事のテーマ選定について


その場そのときの気分で、このブログの更新をしていますが、一応僕なりのルールを設けています。

小川健次Blog

いやまあ、ルールといってもそんな大袈裟なものじゃなく、こういうことすると、いろいろ面倒になりそうなので、そこは避けておこう、みたいなもの。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:15│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年03月31日

大切な人へ愛を注ぐから、大切な人から愛を注がれる。相手の幸福のために、まず自分ができることをやればお互いが幸福になる。

■自分が何をしてほしいかではなく、自分に何ができるか。


あなたが誰かに何かを求めることがあるのと同じように、誰かもあなたに何かを求めることがある。

小川健次Blog

人と人との関係の基本は双方向。どちらかからの一方通行オンリーなんてことはないんです。まあそれは個人間に限らず組織間でも同じこと。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:32│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年03月30日

潜在意識に描かれた、できるイメージが欲しい結果を引き寄せる。そうなって当たり前だと信じると、ホントにそうなる。

■確信できないことにヤル気は湧かない。


やったところで無駄。そう思うことをやろうなんて誰も考えませんよ。だって無駄だもん。

小川健次Blog

結果がわかってる。しかもその結果が自分にとって何のメリットもないし、時間の無駄。金の無駄。労力の無駄にしかならないなら、それこそやりたくない。続きを読む

小川健次小川健次 at 03:00│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年03月29日

もっと自分を褒めて、セルフイメージを高く持とう。自分を褒めると、他人からも褒められてヤル気も高まる。

■自分を褒めると他人からも褒められる。


一部の変わった性癖の持ち主でもなければ、他人から罵倒されたり、否定的な言葉をかけて、それを心地よく感じる人はいないでしょう。

小川健次Blog

誰だって他人から認められたいし褒められたい。自分が嫌ってる相手だとしたって、自分のことを褒めて認めてくれれば、悪い気はしませんよ。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:29│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年03月28日

相手を想うささやかな一言が、安心と信頼の関係をつくる。その一言が足りないから、無用な誤解でお互いの距離が遠ざかる。

■正しく伝えないから妄想が膨らむ。


人の思考は良くも悪くも止まることがない。ボーっとしつつも何かを考え、何かをイメージしてしまうもの。

小川健次Blog

その材料は何だっていい。今日のランチのこと、週末の予定について。目の前にある出来事や、ちょっと前の気になる会話の内容など。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:31│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年03月27日

愛されることより、愛せることに価値がある。愛されなかった自分を責めず、愛することができた自分を褒めよう。

■反省をしても、自分を責めて否定しない。


行動で示し、言葉を尽くし、可能な限りの手段を駆使して届けようとした想いでも、まるで当たらないどころか、かすりもしない。これっぽっちも届かないことってのはある。

小川健次Blog

それが男女間の問題だろうが、仕事上での関係だろうが、それこそ家族やご近所との関係だろうが、同じこと。届かないものは届かない。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:29│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年03月26日

望んだ結果は、マンネリ感や停滞感を超えた先にある。目には見えていなくても、ゴールに近づいていることを確信しよう。

■結果が出るには時間がかかる。


撒いた種が翌朝には芽を出して、その日のうちに実をつけて、すぐにその場で収穫できる。そのぐらい原因と結果が近ければ不安に思うことも多くない。

小川健次Blog

ほとんど待たずにすぐに結果が出るならば、あれこれ不安や心配になるようなことを考えなくてもいいでしょう。そんなこと考える間もなく結果が出るんだもん。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:01│ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote