2017年02月28日

何を言おうが、言うことは誰でもできる。言うことにその場では大した代償も伴わない。

とはいえ、発した言葉には、その内容に応じた責任というものも勝手についてくるもの。それが特定の誰かに発したものであれば、その特定の誰かにとって、そこで発せられた言葉の意味は時として思い。

もちろん、言いっ放しでバックレるというのも手段としてはある。が、その結果は、後で信頼という大きなものを失うことになる。

大切にすると言ったら大切にする。大切にして欲しいと言ったなら、自分が言った以上に相手を大切にする。コトの大小に関係なく、自らが発した言葉に対して、自らが責任を取るからこそ、発話者に信用と信頼が生まれるものでしょう。

言葉にするのも愛。が、言葉にするだけじゃ伝わらない。それを行動で示し、言葉に説得力を宿らせるからこそ、その愛が相手に伝わるというもの。言うだけなら誰でもできますしね(^。^)y-.。o○

小川健次ブログ



小川健次小川健次 at 20:22│恋愛・結婚 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote