2016年03月19日

何気ない一言でも、その人には飛び上がるほと嬉しい言葉がある。言っても無駄だと決めつけず、まずは言葉にしてみよう。

■言葉の価値観は人それぞれ。


心を込めて、その人のためを想って送った言葉なのに、いまいち相手の心に刺さらないことはある。

小川健次Blog

刺さらないどころか、意味不明の疑問顔になられることだってあるでしょう。

その一方で、日常の中で発した、さして意味などない一言が、その人の心に稲妻を走らせるような衝撃になることだってありますよ。

誰にとっても言葉の価値や意味なんて違うもの。

「幸福」という言葉一つとってみても、辞書的な意味合いだけでなく、一人一人の価値観によって微妙に捉え方のニュアンスは異なるものでしょう。僕にとっての「幸福」とあなたにとっての「幸福」は、同じ文字を観ながらも、感じる印象は違うもの。

そしてそれは、個人のパーソナリティーに依るものだけでなく、その場そのときその状況。気分や体調によってでさえコロコロと変わる。一定じゃないんです。

だからこそ重要なことは、言葉として相手に何を言うかではなく、心にある思いを正確に相手に伝えようとすること。言葉はあくまで手段でしかない。目的は意思を伝達することで、言葉を発することじゃない。

そういう意味では、何をどう言うか、どんな言葉を使うかなんてのは、目的としてはあまり重要じゃない。どんな言い方であろうが、どんな言葉を並べようが、相手の心に届けたい想いが届かなければ意味がない。

あなたが必死に言葉を選んで発した言葉だとしても、その言葉が相手にとって響く言葉じゃなければ、響かない。逆にテキトーに発した言葉であっても響くことがあるのは、そういう前提の違いによるもの。

良し悪しとは無関係。話しの上手下手も関係ない。言葉に対する価値観の違い。合うか合わないか。言葉の意味についての価値観と認識が違う以上、そういうすれ違いは避けられない。

ならば、まずは相手の心に寄り添うこと。その人にとってどんな言葉が響くかを、考えて言葉を発しなければ届かないし響かない。自分の価値観の押し付けだけじゃ、すれ違いが大きくなるだけのことでしょう。

<参考過去記事>
大切な人の心に寄り添うから、想いを言葉にできて信頼関係が深まる。自分を守ることを優先するから、何も言えずにお互いの溝が深まる。

自分と他人は別の人。そりゃ生まれも育ちも見た目も違う。そして言葉に対する価値観だって違うんです。

極論かもしれませんが、辞書的な意味でどうのなんてのは関係ない。それ言っててもしょうがない。大事なことは、相手にとってその言葉が心に響くものかどうか。受け容れられる言葉がどうか。


■些細なことでも言えば喜んでもらえることはある。


どんなに言葉を選んでも伝わらないことはある。だからと言って考えるばかりで、何も言えない、何も言わないのじゃ本末転倒。伝わらないことでも、まずは言わなきゃ始まらない。

だって伝わらないと思ってるのは自分だけかもしれないし、そういう意味でも最後の最後は言ってみなきゃわからない。もちろん相手の心に寄り添うという前提付きではありますが。

それにね、逆に自分にとっては他愛もないこと、大したことじゃないと思うことでも、その一言が相手を勇気づけることだってある。その一言で相手の心を震わせることだってあるんだから。

え?そんなことなのに、言われて嬉しいの? そんな当たり前のことわざわざ言う必要もないでしょ。と思ってるのは自分だけ。相手にしてみてみりゃ、その一言で課題解決のヒントになったり、言われて飛び上がるほと嬉しいこともある。

それが「お疲れ様」の一言だろうが「ありがとう」「愛してる」でも何だっていいですよ。「がんばれ」「いつでも支えます」という意味のことでもいい。

こちらからしてみると、わざわざ言わなくてもわかっているだろうこと。それこそ社交辞令の類であったとしても、それを言われて嬉しい。心が躍る。そういうことはあるんです。

一方的に言うだけ無駄。言っても価値のないこと。そう決めつけるのはちょっと待て。伝わるかどうかはそりゃ相手次第にはなりますが、言ってみることで相手が喜ぶことだってあるんだから。

もちろん、逆に軽く言った一言で相手を傷つけることもある。それが余計な誤解につながることだってある。でもそのリスクはどんな場面でも同じこと。それでもその人の心に寄り添ってれば誤解はいずれ解けるもの。

<参考過去記事>
誤解と衝突を恐れないで言葉にすれば、想いはいずれ必ず伝わる。上っ面の言い回しを飾るだけなら、想いが届くことはない。

繰り返し言いますが、言葉そのものへの価値観は人それぞれ。でもね、気持ちを通い合わせることはできるはずなんです。

相手の心に寄り添いながら、自分にとって些細なこと、他愛もないと思うことであったとしても、まず言葉にしてみる。相手を大切にしたいと思う気持ちであれば、なおさら言葉で示して損することなんかないから。

まあそれにしたって、大切な人が喜ぶ顏を見たい。その人を喜ばせたい。そう思って発する言葉なら、言い方や話し方なんてそんなに気にすることでもない。ホントにその人のこと想うならその想いは必ず伝わる。

そりゃ、言葉の裏付けとなる態度と行動、つまりは日頃の行いがなければ、何を言おうが説得力なんか皆無ですがね。説得力は言葉ではなく行動にこそ宿るもの。

あれこれ計算して言葉を選ぶより、些細な一言でもまず伝えてみることから、お互いの距離が縮まることになるってことでしょうな(^。^)y-.。o○

■言いたいことを言えるようになるには
↓ ↓
■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
※2016年4月までの予定を一部追加しました。
http://blog.livedoor.jp/ssi_insight/archives/1673226.html

【メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログ更新情報を中心に、表だって書けないここだけの話しなどを、本記事とはちょっと違った切り口にして、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味で配信中(気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません)。
小川健次メール
↑バナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ↑


小川健次小川健次 at 00:02│人間関係 | 恋愛・結婚 このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote