2016年03月04日

理想の自分をイメージできれば、自信を持って決断できる。軽率な行動での痛い思いや、チャンスを逃しての後悔をしなくなる。

■考えすぎも問題で、考えないのもまた問題。


どんなに頭を絞りきって考えたって答えが出ないことでも、実際にちょっとやってみると、すぐにその答えがわかることはある。

小川健次Blog

その結果の良し悪しは別にして、とにかく少しでも前に動いてみれば、五感を使って感じてみればわかることってのはある。

まあ、さんざん考えて、さんざん不安や恐れを抱いてみて、それでもいざエイヤッとやってみたら、実はそれほど心配することも不安に思うこともなかった。そんな経験の一つや二つも誰にだってあるものですよ。

なので、実のところ頭であれこれ考えるより、とっととエイヤッと行動に移した方が、話しは早いってことは少なくない。

とはいえ、その一方で、ほんの少し頭を使って考えればわかるようなことを、なんでもかんでもノリだけで動いてみる、それっぽい他人の言葉を鵜呑みにして動いてしまう。それは単なる思考停止のアホでしょう。

思考を一歩先まで深めて考えてみる。状況を自分の目で見てみる。情報源を確かめてみる。信頼できる第三者の声に耳を傾けてみる。その労を惜しまなければ、答えはわかるはず。予測もできること。

なのに、そのわずかの労を惜しんで、その場の空気に流される。その場の自分の思い込みにとらわれる。そしてする必要もない痛い思いをするんです。

見えるはずなのに、それすらしないで空気に流されて判断するのは、自分の未来への怠慢そのものですわ。

選択は明確に。そして決断は素早く。これ基本。でもね何も考えないのはちょっと違う。それ選択しているようで流されてるだけ。決断しているようで主体性を放棄しているだけのこと。自分じゃ何もしてないのと同じなんです。

考えすぎもどうかと思いますが、考えなさすぎっても同じようなもの。そのどちらの場合でも結局のところは、自分がどこに向かおうとしているのかが、はっきりしていない。どういう道を歩もうかが決まってない。

考えても結論出ない。そりゃ判断基準がないからですよ。何も考えない。そりゃ何を考えればいいかわからないからでしょう。

パートナー選びにしたって同じことでしょう。自分がどんな道を歩もうか決まっていないから、ロクでもない相手と関係持って痛い思いをしたり、ビッグチャンスな出逢いにまんまと逃げられることになる。

<参考過去記事>
理想の生き方のイメージが、理想のパートナーとの縁を引き寄せる。お互いの価値観を、共有できる人との出逢いを大切にしよう。

自分の進みたい道、自分の目標が決まっていれば、それを基準にすればいいだけ。自分の思考と行動が、自分の望みの結果に近づくのかどうか。その選択で何を得られるのか。それを考え決めればいいだけ。

するとダラダラ無駄に考えることもない。不安や恐れもなくなりますよ。ましてやその場のノリと勢いだけで、流されるようなこともなくなる。必要に応じて考え、必要に応じて行動する。そのバランス感覚が養われる。


■基準は未来の理想の自分のイメージ


進みたい道がはっきりしていれば、そのときはしんどいと思える選択でも、あえてそれを選べる決断ができる。その向こう側の価値あるものに目が向いているから。不安や恐れに打ち克つヤル気が生まれるんです。

進みたい道がはっきりしていないから、なんとなく、そのときの状況や環境、他人の意見に流される。だって自分に基準がないから。もしくは、基準がないから考えるばかりでで不安になる。そして何もできない。

どのような結果であれ、それはその人が心に思い描いたことのアウトプット。思考は現実化する。あなたの人生はあなたが思い描いたとおりになる。

原因は自分の心にある。そして原因とは心で描く未来の自分像。すなわちなりたい自分のイメージ。明確な目標。その原因が結果を生み出す。

ならば結果に納得するためには、自分の選択基準を明確にしておくべきでしょう。そしてその基準に従って思考し行動する。どの選択が自分の望む未来になるのか。自分の目標に近づくか。

コトと次第によって熟慮を求められることもありますよ。その場の即決でいい場合だってたくさんある。そのどちらにしたって、未来のイメージがはっきり描けていれば、基準はブレないでしょ。

それに冒頭でも言ったように、未来のことなんかわからない。ならばどの選択が自分の望むイメージに近ずくのか、理想の自分ならどういう選択をするのかを考えればいい。というよりそれ以外の根拠もそうそうないし。

そうやって考える。そうして決める。だから結果的にうまくいかないことになっても、慌てず冷静に軌道修正ができるんです。向かう方向がわかっていれば、道から外れたときに戻るところもわかるから。

その選択は自分の未来に何をもたらすか。その結果は自分の望みのイメージに近づくものなのか。その基準を見失わなければ、どんな選択でも後悔はしなくなる。

いや、それでもミスって後悔することもある。でも自分の選択だから納得できる。納得できるから修正して次のステップに進めるってものです。

目先の手段方法、目先の損得にのみ固執しないことですよ。最終的に自分がどうなっていたいのか。そこをイメージして思考と行動の基準にすれば、たとえ紆余曲折があったとしても、望みの結果を引き寄せるから。

<参考過去記事>
執着を手放せば、苦しいこともしんどいことも消えてなくなる。手段よりも欲しい結果をイメージすれば、その結果が引き寄せられる。

好むと好まざるとに関わらず、僕たちは常に選択を迫らている。今日のランチを何にしようか、このあと一杯やろうか。転職しようか結婚しようか。小さなことから大きなことまで数えきれないほど、たくさんの選択がある。

その全てとは言わないまでも、自分にとっての分岐点になりそうなことについては、未来の理想の自分を基準にしてみればいい。そのために必要なことは考え、最後はエイヤでいいんです。それだけで結果に後悔しなくなる。

今日のランチを何にするかなんてのは、2秒で決めていいことですがね(^。^)y-.。o○

■進みたい道や明確な目標を決める方法はこちらで
↓ ↓
■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
※2016年4月までの予定を一部追加しました。
http://blog.livedoor.jp/ssi_insight/archives/1673226.html

【メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログ更新情報を中心に、表だって書けないここだけの話しなどを、本記事とはちょっと違った切り口にして、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味で配信中(気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません)。
小川健次メール
↑バナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ↑