2016年02月14日

潜在意識からの声に従うから、欲しい結果を引き寄せる。状況や環境に惑わされず、自分の心の声を信じれば答えはみつかる。

■潜在意識が答えを知っている。


これまでに体験した経験など、五感を通じて得た情報のすべては、良いも悪いも含めてすべて潜在意識に蓄積されている。

小川健次Blog

楽しかった思い出はもちろんのこと、記憶から消してしまいたような悪夢の出来事。そして自分では意識していないうちに五感を通じて入ってくる様々な情報まで。

これまでの経験したすべてのことや、五感を通じて得た情報のすべてが蓄積されているということは、体感的にどうすればうまくいくか、どうすれば失敗するかということもわかっているということ。

過去の失敗の経験に照らし合わせて考えれば、失敗の原因がわかる。だからそれとは別の方法を取ればいい。過去の成功の経験に照らし合わせて考えれば、成功の原因がわかる。ならばそれと同じ選択をすればいいんです。

つまり、誰だって自分がうまくいく方法、うまくいかなくなる方法。その場そのときどの判断がベストであるかということは、経験則でわかっているはず。

ならば、その場そのとき出てくる発想、いわゆるインスピレーション。潜在意識が指し示す答えを選択するのが一番いい。客観的にどうかは別にして、それがその本人にとっての最適な答えというものでしょう。

なのに、なぜだかたそこで足踏みしてしまう。潜在意識の声に従えばいいだけなのに、あれやこれやとどうでもいいことを考え始めてしまうから、せっかくの答えがボヤけて消えてしまうんです。

今は状況が違う。周囲の人がああ言うし。うちの会社はこうだから。上司がどうの。家族がどうの。タイミングがどうの。わざわざ自分で自分の心の声を消し去ろうと、必死になって力を注ぐ。

あのね。いついかなる場面であろうと何も事情がないときなんてないんです。そして客観的な事実として、何が未来への選択で正しいのかも誰もわかるわけない。未来に対する根拠なんてどこにもない。

唯一根拠となり得るのは、自分のこれまでの体験でしょう。その体験をすべて蓄積してきている潜在意識。その判断が一番の根拠。まあ言ってみれば自分を信じるしかないってことでしょうな。

<参考過去記事>
迷ったときは好きか嫌いか、心地良いか悪いかで決めればいい。答えは自分の中にある。自分の感性を素直に信じて決断しよう。

これまでの自分の経験を信じる。つまりは自分の潜在意識を信じて、潜在意識からもたらされる声、インスピレーションに従ってみればいいじゃないですか。答えは自分の潜在意識が知っているんだから。

そこで余計なこと考えなくていいから。いろんな事情考えたって、その事情が消えてなくなるワケじゃないから。ピーンときた感覚、あ、これやったほうがいい。そう思ったらやればいい。進めばいいんです。それで失敗したって命までは取られませんよ。

潜在意識があなたのこれまでの成功も失敗も、五感を通じて得た情報のすべてを知っているんです。次はどうすればいいか、その答えも知ってて当然。その声に耳を傾けるか、それとも耳を塞ぐのか。それだけのことなんです。


■潜在意識の声が今の時点での最適解


過去の経験を基にするといっても、単なる過去の成功体験に固執したり、そのときの栄光にすがるということじゃありません。んなもんは単なる現実逃避と自己憐憫にしかなりませんわ。

そのときの判断力や行動力、そのときの自分の選択の基準に従うということ。それができた自分と同じ力を発揮すればいいんです。

誰だって自分の身は自分が一番可愛いもんですよ。自分にとって最も有益で、有効な答えを常に無意識のうちに誰だって考えている。だから潜在意識がインスピレーションとして語り掛けてくる声は、自分にとって最善の答えですよ。

そしてその声というやつは、まったく根拠のない奇妙奇天烈なことじゃない。自分自身が過去の経験の中で培ってきた、あらゆる成功や失敗の体験に基づいて導き出した最も効率的な最適解なんです。

なのに、黙殺。聞こえないフリ。あーでもないこーでもないと、別に今考える必要もないような、取るに足らない事情を自分で自分の前に並べて、潜在意識からの声を聞かないことに力を注ぐ。

自分の心が、最短距離を指し示してくれるのに、わざわざ無関係な他人に道を聞きに行ったり、余計に遠回りする道を選んで歩いてるんです。そのくせ、もっと楽で近道ないかしら。なんて意味不明なこと言いながら、あちこちふらふらし続けている。

いや、だから、自分の心の声に従えばいいだけでしょ。やれると感じたならやれよ。いけると思ったならいけって。それ自分の心の声だから。それが自分にとって最適解だから。他の道探す必要ないから。

自分を信じればいいんです。自分の潜在意識に身を委ねてみればいいんです。別に変なヤマ勘に頼るということでもないし、超能力の類の話しでもない。自分が自分と一番長く身近に付き合ってるんだから、その声を信じればいいだけでしょ。

人間関係だって同じこと。あれこれ考えを巡らせたり、打算での付き合いをするよりも、心で感じた人との付き合いが一番うまくいく。

<参考過去記事>
縁を感じる人との出逢いを大切にすると、その関係はうまくいく。合理的な理由より、心にビビッときた直感を信じてみよう。

潜在意識の声に従えばいいんです。それ自分の声だから。根拠も自分にある。それに自信を持っていい。あとのことは知ったことか。と、開き直ってしまえば、結果的に余計な執着心も無くなりますしね。迷いも不満も消えてなくなる。

答えは常に自分の中にある。その答えに従ってみるから、望みの結果を引き寄せることになるってもんですよ(^。^)y-.。o○

■潜在意識を活用することで、引き寄せの法則を実践する
↓ ↓
■東京 2016/03/12(土)-13(日)
■大阪 2016/03/20(日)-21(月)
■愛とお金を手に入れる、引き寄せの法則<実践>講座
引き寄せの法則実践講座
担当講師/小川 健次

【メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログ更新情報を中心に、表だって書けないここだけの話しなどを、本記事とはちょっと違った切り口にして、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味で配信中(気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません)。
小川健次メール
↑バナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ↑