2016年02月04日

信じて手放せば、引き寄せの法則が働いて愛もお金も手に入る。目には見えていなくても、望みのゴールとの距離は縮まっている。

■目には見えなくても、進歩成長していることを確信しよう。


投げたボールはすぐに返ってきてほしいもの。起したアクションに対してのレスポンスは早ければ早いほどいいし、アクション起した側としては安心できる。

小川健次Blog

すぐにレスポンスがあるものならそりゃ安心できる。とはいえ現実には起したアクションに対して、すぐにレスポンスがあったり結果が出たりしないものもある。

そりゃまあ、日常の仕事や会話など、ほぼリアルタイムでぽんぽんと返ってくるものありますが、少し先のことやハードル高めの大きなことを実現しようと思えば、その結果がはっきりするまでには時間がかかることもあるでしょう。

道のりが長かったり、目標が大きいと、歩いても歩いても前進している気になれないこともある。やってもやっても積みあがってる気がしないことだってありますわ。

でもね。だからといって心折れてしまわないことですよ。諦めて投げ出さないことです。

ホントに歩いてる、積み上げてる、日々やってる。心からそう確信しているならば、ゴールには必ず近づくから。目標への距離は必ず縮まっているから。

それが何であれ結果を残し、達成感と充実感に満ちた心を手に入れられる人と、空しさと脱力感しか手に入れられない人の違いなんて、多くの場合前進しているのに、途中で心折れるか、心折れずに続けられるかということだけすよ。

必死で力を尽くしているのに、必死に前進しているのに前進できてる実感がない。何か変わった気もしない。全然何も起こらないし、これってやって意味あんの?そんな考えが頭をよぎることもあるでしょう。

最初のスタート時期ならば、新たなことへの期待感に胸を躍らせモティベーションが高いもの。あれこれスタート時やその直後はやることや整理することも多いから、目に見えていろいろ変化を感じやすい。

その時期を超えた後にやってくるのは安定期。表面上で目に見えるあれこれの整理ができると、あとは表面上ではわかりづらいことの積み重ね。そして自分との闘い。

そこで焦ったり不安になったりせず、求める結果をイメージする。それが手に入ると確信して手放す。そしてやるべきことを淡々とやり続ける。だから恋愛でも仕事でも望みの結果を引き寄せるんです。

<参考過去記事>
恋愛も結婚もイメージどおりになるから、焦らないでいて大丈夫。五感全体で愛を感じながら過ごす日々をイメージしよう。

その時期が一番疑心暗鬼になるものです、目に見える変化が起こらない。何も変わらないんじゃないか。結果が出ないんじゃないか。でも、やってりゃ積みあがってるから大丈夫。前進しているから大丈夫。

目に見える形での変化が無くても、気にしないことです。信じて手放して進み続ければ、必ずゴールに近づいているから。望みの結果は必ず引き寄せられるから。

ちなみに「信じて手放す」という感覚がピンとこない人は、『愛とお金を手に入れる、引き寄せの法則<実践>講座』にどうぞ。僕が具体的なワークや事例を交えながら、徹底的にお教えしますわ。ええ。もちろん。徹底的に。いろいろな意味で。

諦めて投げ出すのはいつでもできる。でも続けることはそうそうできない。ならばせめて、ホントに自分ができるところまで、心から納得できるところまで続けてみたって、損することなんかないでしょう。


■信じるから執着心を手放せる


表面上は決して見えることがなかったとしても、信じて続けていれば前に進んでる。積み上がってる。精神的なものであろうが物質的なものであろうが、それこそ人間関係でも同じこと。

だからこそ信じる。そして同時に執着せずに手放す。前進して当然、ゴールに行って当然。諦めるとか苦しいとかそんな選択肢もない心の状態。お金だろうが愛だろうが手に入れて当然。そう信じられるから手放せるしホントに引き寄せる。

仮に今この瞬間、自分の進歩や成長、そして改善が目に見えてなくても全然平気。まったく気にしなくていいんです。やることやってあとは信じる。迷わなくても不安に思わなくても大丈夫。

とはいえ、やり方が間違っているだけの場合は要修正。その場合はちゃんとやり方見直して軌道修正しないと、それこそ徒労。

東京から南に向かって歩いても札幌には着かないから。どんだけ進んでもそりゃ無駄ですよ。信じて歩き続ければ、確かに地球一周すりゃ着くかもしれませんが、その前に地図と磁石見て、歩く方向を修正しなけりゃ時間の無駄でしょう。

そういう意味での振り返りや、自分の立ち位置をときどき確認するのは、それはそれでやればいい。必要に応じて軌道修正だっていいんです。

それでも最後は信じてやり続ける。壁があろうが成果が目に見えなかろうと、やり続ければ、信じ続ければ、必ず結果を引き寄せる。

そしてその結果というやつは、ときに思いも寄らないところから、降って湧いたように訪れることだってあるんです。歩んでいたルートとは全然違うところから、いわば奇跡のように愛やお金を引き寄せる。

ホントに信じられると執着しなくなるんです。だから例え今目の前に変化が現れなくても、あたふたしない。ドーンと構えていられる、だからこそ心に余裕が生まれて視界が拡がり、不思議な力に引き寄せられたように見えることもある。

<参考過去記事>
引き寄せの法則を使えば、恋愛でも仕事でも出逢いたい人に出会える。執着を手放すから、理想のパートナーとの不思議な縁が結ばれる。

いずれにしても、どんなことだって、何かやればすぐ簡単に結果が出るってこともない。前進や成長をずっと感じ続けられることだってないんです。結果がすぐ出ないこともあれば、進歩が見えない期間だってありますって。

ならば信じるしかないでしょう。自分で選んだ道、自分が望んだことを。根拠なんか自分の中にしかないんだから。そしてその道を歩み続ける。だから執着せずに手放せる。

目に見える結果や、成長を感じることができなかったとしても、それ錯覚ですから。何も得られないように感じても、それは幻です。お金だろうが愛だろうが、信じて執着を手放せば、必ず望みの結果を引き寄せますから(^。^)y-.。o○

【あれこれ迷って執着を手放せないなら、ここ来たほうが話しが早い】

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
http://blog.livedoor.jp/ssi_insight/archives/1673226.html
【メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログ更新情報を中心に、表だって書けないここだけの話しなどを、本記事とはちょっと違った切り口にして、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味で配信中(気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません)。
小川健次メール
↑バナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ↑