2016年02月03日

美化された過去の思い出により、今と未来に視線を向けよう。過去から脱却できると、大きなチャンスや素敵な出逢いが訪れる。

■過去の思い出は美化される。


往々にして「今」の足を引っ張ってくれるのは、過去にうまくいったこと。いわゆる成功体験というやつ。

小川健次Blog

とはいえ成功体験に限らず、過去のことというやつは、常に自分が前に進まないための理由になることが少なくない。

特に過去の良かったことというのは、いろいろと妄想が加味された上で、実態以上に美化されやすい。しかもそれが、今の自分が拠って立つところであるなら、その妄想美化は際限なく肥大化していく。

それによって、今の自分の立ち位置をはっきりさせる。その自信によって今の自分が積極的に行動できる。それはそれでいい。過去の経験を今に活かせるなら、活かせばいいこと。

でもね、そうは言っても過去は過去。今じゃないから。今と過去は違うから。

あのときは良かった。あの頃はこれでうまくいったんだ。それはそのときだからでしょ。その頃だったからうまくいったことでしょ。今がまったく同じ状況ならその話しもアリかもしれない、通用するかもしれないが、今は違うでしょ。

それにね、前述のとおり過去ってのは、今の視点で都合よく思い出補正が入るもの。

実はそんなに大したことじゃなかったのに、あれは大変だったんだ。たまたまの偶然だったことでも、あのときの判断は正しかった。そんな気になる。そんな自分でいたいもの。そんな過去の自分にすがりたい。

過去を振り返ることは悪いことじゃない。過去の様々な経験から、目の前の問題解決やさらなる前進へのヒントを探す。培った経験は財産ですよ。その財産を有効活用するならそれでいいんでしょう。

そういう生産的な思考に基づくことなく、ただ何もしないための言い訳や、他人と比較した際の自己正当化のために、過去をほじくりだして俺スゲー言ってても得るものない。いや、むなしいだけ。

良いことに限った話しじゃないですよ。過去の失敗や挫折、苦しいことでも同じこと。過去のつまづきを気にし続けて、不必要なブレーキかけてもしょうがない。自分を慰めたいためだけに過去を振り返っても、バカバカしいだけのことでしょう。

過去は過去ですよ。それ以上もそれ以下もない。今は今で未来は未来。それぞれは全てつながっているものだけれど、別物なんです。誰であれ常に今しか生きられない。過去には戻れないし未来に向かって進むだけ。

ならば過去が良かろうが悪かろうが、それはそれ。それを踏まえて今どうするか。どうすれば未来がもっと良くなるかを考えたほうが生産的というものでしょう。

<参考過去記事>
より良い結果を手に入れたければ、自分を責めないほうがいい。ミスや失敗にクヨクヨせずに、もっと良くなる方法を考えよう。

良いことであろうが、悪いことであろうが、過ぎた過去は取り戻せない。そこから得た経験は未来に活かす。今の自分の限界を設定するために、今の自分が動かない理由を作るために、過去があるわけじゃないんです。

まずは今、そして明日、さらに明後日。未来を創るために活かせる価値ある経験として、過去があるってものでしょう。


■向かうべきは今と未来。


俺は昔これでうまくいったんだ。ってそれはその頃だからうまくいってた昔の話し。今は状況や環境も違うでしょ。あなたの力もあるかもしれないけれど、状況環境に恵まれたって要素も少なくともあるはずですよ。

私は昔これで失敗した。だから次も同じになる。ってそれもその頃だから失敗した昔の話し。時代背景だって周囲の人も今は違うでしょ。そこにこだわったって意味などないんです。

人間関係だって同じことです。あの人以上の人はもういない。私にはあの人しかいなかった、ってそりゃそのときのあなたの視点から見たらそうかもしれないが、今逢ったら違う人に見えるもんですよ。

あれ。私ってこんなヤツのこと好きだったの。あれ。俺ってこんな人信用してたの。なんて思うことはよくあることですよ。

恋愛にしろ仕事にしろ、過去関わった人との思い出を成功体験や失敗体験としてこだわるから、新しい出逢いのチャンスやビジネスチャンスを見逃すことになるんです。過去は過去。今は今。未来は未来なんです。

繰り返しますが過去は美化される。過去良かったことは実際よりも大きく見える。過去の悪かったことも実際よりも悲惨に思える。

過去にとらわれる必要なんかないんです。昔良かったことでも、今は別の方法にしなきゃいけないこともある。昔悪かったことでも、今ならうまくいくことだってあるじゃないですか。そこにこだわるだけ得することなんか何もない。

当たり前ですが大事なのは今なんです。過去がどうのは関係ない。今目の前にある問題に真正面から立ち向かえばいいじゃないですか。今目の前にいる人のことを真剣に考えればいいじゃないですか。過去との比較は無意味ですよ。

今に対して真剣に向き合うから、問題が解決できるし前進できる。新しい出逢いもあるし、チャンスにめぐり合える。過去は今と未来のための一検討材料でしかないんです。過去の経験から活かせることは活かせばいいだけ。

昨日と今日は違うんです。過去と今は別物ですよ。昨日良くても今日はダメだし、昨日ダメでも今日良いことはいくらでもある。

<参考過去記事>
昨日がダメでも、その経験を今日に活かせれば落ち込まなくて大丈夫。あきらめなければ今日はチャンスに満ち溢れている。

戻らない過去に拘泥してたところで思考と行動が止まるだけ。出逢いの機会もチャンスも、過去に拘泥すればするほど失うことになるんです。

言うまでもなく生きてるのは今。そして今は未来に向かって一方通行。問題に直面するのも、人と出会うのも、喜びを感じるのも、それこそ苦しいことだって、過去じゃなくて今のこと。そこで過去がどうのと言ってもはじまらない。

思い出に浸るのもときに悪くないことですが、やらなきゃいけないこと、立ち向かわなきゃいけないことは、今にしありませんからねえ(^。^)y-.。o○


■今と未来に対してモティベーションを高める方法
↓ ↓
■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
※2016年2月予定を一部追加しました。
http://blog.livedoor.jp/ssi_insight/archives/1673226.html

【メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログ更新情報を中心に、表だって書けないここだけの話しなどを、本記事とはちょっと違った切り口にして、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味で配信中(気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません)。
小川健次メール
↑バナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ↑