2016年01月08日

本気で実現したいと思うから、今の行動と未来の結果が生まれる。ただ空想するだけなら、その場楽しいだけで何も生まれない。

■本気でやりたいことならまず動くこと


せっかく描く夢なら大きいほうがいい。設定する目標も高いほうがいいでしょう。

小川健次Blog

とはいえ、まるでできもしないし、やろうともしないことなら、描くだけ無駄。設定するだけ無駄なこと。

そりゃまあ、大きい夢や高い目標を掲げていると、気分がいい。何かデカいこと言ってるあたしスゲー。人と違うこと考えてる俺かっけー、みたいな。

現実に今目の前にある問題は、とりあえず脇に置いておいて、空想世界の自分に酔ってれば、そりゃまあ楽しいでしょ。

夢や目標を実現したり達成したりするには、目の前のこととして解決しなけりゃいけないことがある。乗り越えないといけない壁もある。そこをガン無視して、デッカイ夢や高い目標の話しをしても、絵に描いたモチ以上にはなりませんよ。

もちろん、目の前のことだけを見てれば行き詰るのは必至でしょう。だから先に未来の夢や目標は、描いたり設定したりする必要はある。だいいち未来を考えないと楽しくない。モティベーションも高まらない。

でもね、目の前のことから逃げたり、問題を先延ばしにするためだけに、大きな話しをするのは単なる現実逃避の口だけ番長。夢見る夢子。

ご飯食べないと生きられない。お金がなければご飯食べられない。働かないとお金もらえない。一部で極端な例外もあるのかもしれませんが、当たり前のこと。その当たり前の前提があるから日常があって、その上に夢や目標があるんです。

大きな夢を描いたり、高い目標を設定するのは素晴らしい。でも今日ご飯食べなきゃいけない。食べるために稼がなきゃいけない。面白くもない現実かもしれませんが、楽しい夢だけ語っても、後で空しい思いをするだけでしょう。

それなりの結果を出している人の、表面上の綺麗なところにだけ目ていれば、要領良くうまくやってるもんだと思うのかもしれませんが、彼らは皆、目の前のことを誰よりも真剣に、かつストイックにやってますよ。

<参考過去記事>
欲しいと望んだものは、差し出す代償に応じて手に入る。差し出すものを決めて断てば、実現へのスピードが一気に加速する。

口開けてボーっとしてても幸せは降ってこない。祈って金持ちになるなら、世の中に金で困る人なんていないんです。自分の足で歩く意思のない人が引き寄せるのは、同じように何も生み出さない日常しかないんです。

だから自分の足で歩いてそれを取りに行く。デッカイ夢や高い目標を、実現したり達成したりしようと本気で思うなら、まずは今やるべきことをやるんです。今解決すべきを解決するんです。もちろん自分の意思と行動で。


■地味で面白味にかけてても、それをやるから前進できる。


できること、やるべきことをまずやる。その上で、できることのレベルを上げていけばいい。力を伸ばして可能性を拡大し、夢や目標に近づいて、最終的にはそこに到達すればいいんです。

できることだけやるのは、それこそ上でも言ったように堂々巡り。自分で決めた枠組みの中に収まっているだけのこと。だから挑戦はし続ける。今日より明日。明日より明後日。できることのレベルは上げていく。

その積み重ねが夢や目標に自分を近づける。

もちろん動くにあたって、効率的な動き方ってのはありますよ。それはそれこそナポレオン・ヒルの成功哲学など、先達の知恵に学べばいい。それでも最後に動くかどうか決めるのは自分。それは絶対変わらない変えられない。

そのためにも、夢を描いたり目標立てたら、それは実現できる達成できると確信の伴うイメージをすること。確信しなけりゃ動こうとなんて思わないから。イメージできなきゃ現実化しないから。

確信できない。イメージできないものを、何となく他人の目を気にしての背伸び目的、問題先延ばしのためのごまかし目的のために夢や目標なんて言ってても、悲しくなるだけでしょ。

<参考過去記事>
思考は現実化する、は望みの結果を確信して執着心を手放すと体感できる。引き寄せの法則は、潜在意識で描くイメージによって力を発揮する。

確信の伴うイメージが描けたら、後は逆算して考えれば今できること、今やるべきことは必然的にわかるはず。だからそれをやるんです。

何だっていいですよ。夢や目標を現実にするためにやるべきこと。できることの中でやってないこと。ホントはできるのに見て見ぬフリしてたこと。いろいろあるでしょう。それをやればいいじゃないですか。まずはそれから。

本音ではできやしないと思ってたり、やるつもりもないと考えたりしてることを、言ってみたり考えてみたところで、楽しいかもしれませんが、それ以上にはなりませんよ。オッサンの居酒屋談義ではいおしまい。

もちろん夢や目標と比べてみたら、目の前のことは地味で面白味にかけるかもしれない。それこそ目を背けたい現実かもしれない。でもそれやるから前に進む。それを乗り越えるから夢や目標に近づく。その繰り返しですよ。

そしてその繰り返しが、やがて執着さえも手放す当然意識になると、望みの結果は向うからも近づいてくる。夢や目標さえも引き寄せることになる。

言ってること空想していることの大きさよりも、どのくらい早く、どのくらい数多くの行動と挑戦ができるか、結果的に夢を実現したり目標を達成したりする人と、そうでない人の違いになるのでしょうな(^。^)y-.。o○


【行動を生み出すイメージで望みの結果を引き寄せる方法】

◎東京 3月12日(土)-13日(日)2日間
◎大阪 3月20日(日)-21日(月祝)2日間
■愛とお金を手に入れる、引き寄せの法則<実践>講座
引き寄せ【実践】講座


【メールマガジン配信中/ブログには書けないここだけの話し】
ブログ更新情報を中心に、表だって書けないここだけの話しなどを、本記事とはちょっと違った切り口にして、悪ノリを交えながら、言いたい放題やりたい放題気味で配信中(気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません)。
小川健次メール
↑バナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ↑