2015年10月01日

【09月度過去ログBEST5】幸福も不幸も自分の心が決めている。自分の心をコントロールできれば、望みのものが手に入る。

■悩むということはどっちでもいいこと。


お会いする方からは、悩みなさそうですね。と良く言われますが、ぶっちゃけそう言われることが悩みです。

小川健次Blog

じゃあ悩みあるのかと聞かれると、これもぶっちゃけ悩みはありません。

いや、そうは言っても凹むこともあるし、心が折れそうなこともある。ヤバいと思って死ぬほど焦ることだってありますわ。

それでも悩みが無いと言えるのは、悩んでも仕方のないことは悩むだけ無駄なので悩まないようにしてるから。悩んで結論出ることなら、そりゃ悩みじゃなくて問題解決のための生産的な思考でしょ。

その場合は答えを目指して、考えに考えて考え切ればいいだけのこと。

考えたって答えの出ないこと。悩んでも解決できないことは、そういうもんだと思って割り切って切り替えながら、じゃあそれをどうするか、と考えてさっさと動いたほうが得るものが多い。と思ってる。

それに決断は素早く。これ基本。悩むということはどっちでもいいことなんだから、止まっているより行動したほうが経験値が積み上がる。

まあそういう意味では恐ろしくドライなのかもしれません。

じゃあホントに悩むことないかといえば、そういうわけもなく、現実にはそりゃ悩むことはありますよ。

最近一番悩んだことは、これ書き始めるちょっと前に、サラダせんべいの袋を開けるか、歌舞伎揚げの袋を開けるか。両方を目の前に並べて10分くらい腕組みしながら悩みましたわ。

いまだ決断力を極められず(´ω`)・・・トホホ

というわけで本文へGO!


●2015年9月度過去ログBEST5


例月のごとく、本日は9月の各記事のアクセスランキングBEST5のご紹介。

それが良いことなのか、悪いことなのか、決めるのは自分の心の状態次第。だからこそ心を自分にとって最適な状態で維持することが、起こりうるさまざまな出来事を肯定的に理解する上では大前提となる。

とはいえ、この心というやつが思った以上に厄介なじゃじゃ馬野郎でして、時に勝手に暴走するかと思えば、時にへそ曲げてピクリとも反応しなくなる。

つまりは、このじゃじゃ馬をうまくコントロールすることができれば、物事を自分の思ったとおりに動かしていくことができるということでしょう。

ということで、先月8月のアクセスランキングの中では「縁」をいかに「引き寄せ」るかという記事に人気が集まったようですが、今月は「引き寄せ」の前提となる心のコントロール法について人気が集まったようです。

暴れ馬や暴れ牛を颯爽と乗りこなすロデオのカウボーイのように、自らの心をコントロールすることができれば、理想のパートナーとのご縁はもちろん、望みのものを自在に引き寄せられることができるもの。

日常におけるさまざまな出来事への意味づけと解釈をポジティブにし、不要な波風をたてることなく、穏やかでストレスのない心の状態を維持しつつ、望みのものを引き寄せられることができことは、誰にとっても理想の一つなのかもしれませんな。

どうでもいいんですが、最近ロデオボーイってめっきり聞かなくなりましたけど、使っている人っているのかしら。

さて、あなたのお気に入りの記事はあったでしょうか。

※当ランキングは2015/08/21-2015/09/20の期間中に更新された当ブログの記事を2015/09/30終了時点でのGoogleAnalyticsによるトラッキングデータと、各種の変動因子を指数化した独自の係数によって算出したものです。


1位 大切な人との縁を信じれば、想いが届き結ばれる。自分本意な欲望への執着を手放すと、愛が引き寄せられる。

2015-08-25 update

そもそも意味のない出逢いなんてない。そう思えればすべての出逢い、すべての縁が楽しくなる。

物理的な距離が離れたり、社会的地位として遠くなったり、それこそ心が通わなくなってしまうことが一時的にはあったとして、縁があるなら必ず最後は結ばれるから。

それを信じないから、疑心暗鬼になる。あれこれネガティブな妄想してストレスばかりが溜まって苦しい。大切な相手なはずなのに、だんだんムカついてくる。可愛さ余って憎さ100倍。言わなくていいこと言って自ら縁をブッタ切る。

今の時点で縁があると感じる人との関係は、好き嫌いに限らず大事にしたほうがいいんです。そしてお互いにとって価値あるものが生み出せる関係になれると信じることですよ。

少なくともそう信じて損することはないってもんです。

<記事を読む>
大切な人との縁を信じれば、想いが届き結ばれる。自分本意な欲望への執着を手放すと、愛が引き寄せられる。


2位 期待と執着を手放すと、仕事も恋愛もうまくいく。ありのままの現実を受け容れて、引き寄せの法則を発動させよう。

2015-09-09 update

どんな場面でも期待どおりの結果が生まれない状態、望んだ進行方向に対して、何かしらの障害が発生していて思い通りに前進できない状態。つまりは抵抗というやつが心の中ではストレスになる。

ならばストレスを無くすには、その障害自体を取り除く必要があるわけですが、これが不可抗力によって発生した事故によるものだとするならば、その発生原因から考えなきゃいけないので、少しばかり骨が折れる。

だから最初から期待しなければいいんです。期待しないで執着しない。手放してしまっていれば、少々のことで気が滅入ったり、ストレスになったりなんてしなくなるから。

するとあら不思議。やがて望んだ結果が手に入る。力を尽くしたそのときには手に入れられなかったことなのに、なぜか意表を突くところ、予想もしていなかったタイミングで手に入る。これすなわち引き寄せの法則。

<記事を読む>
期待と執着を手放すと、仕事も恋愛もうまくいく。ありのままの現実を受け容れて、引き寄せの法則を発動させよう。


3位 関わる人のレベルは、自分の心の状態を反映している。最初は背伸びでも、自分より高いレベルの人と対等に付き合おう。

2015-09-07 update

周囲の人に対して批判の目を向ける前に、自分の心の状態がどうなのか。自分が発する電波のチャンネルはどこに合ってるのかを考えてみたほうが、問題の解決には近道ってもんでしょう。

付き合う相手を変えたければ、発する電波のチャンネルを変えればいいんです。つまりは心構え。自分の心の状態に合わせて関わる人が変わる。つまりは関わる人のレベルは自分のレベル。


自分の身の周りに起こることの原因を、周囲の人に求めたところで、どうにもなるものでもないですよ。それ以前にその根本原因は自分の心の中にあるんだし。

まずは自分。周囲の人は自分の心の鏡なんです。自分次第で周囲の人は変わっていく。それこそ自分が変われば、環境変えなくたって、周囲の人の自分への接し方は全然違うものになるものです。

<記事を読む>
関わる人のレベルは、自分の心の状態を反映している。最初は背伸びでも、自分より高いレベルの人と対等に付き合おう。


4位 大ラッキーチャンスは、苦しくてしんどいときに訪れる。心折れずに自分を信じ続けた人だけが、そのチャンスを手にできる。

2015-08-31 update

苦しくてしんどい。いろいろヤバい。そう思う状態のときは、何とかしようと思って思考が深くなる。あれこれ考えるから、これまで気づかなったことに気づける。新しい発見がある。

だからそこから復活できる。復活できるだけじゃない。超回復で苦しい状況に陥る以前の状態よりも、さらにレベルアップしている状態になる。

本当に自分自身を成長させたい。チャンスを掴みたい。そしてその方法を見つけ実践したい。心の底から確信めいてそう思えるときってのは、往々にしてうまくいってて余裕のあるときよりも、しんどくて苦しくて最悪だと思える状況のときでしょう。

これまでのことを少し振り返って考えてみればいいんです。自分が成長できたと思えるとき、何かを成し遂げたtという達成感を得られたときってのは、苦しくてしんどいときが多かったはず。

ならば、苦しい状況。しんどい状況。それはまさに大ラッキーチャンスですよ。困難も逆境もウェルカム。そしてありがとう。この機会を活かさない手はないってもんです。

<記事を読む>
大ラッキーチャンスは、苦しくてしんどいときに訪れる。心折れずに自分を信じ続けた人だけが、そのチャンスを手にできる。


5位 注いだ愛の分だけ、大切な人との心の距離が近づく。引き寄せられる人も遠ざかる人も、自分の心が決めている。

2015-08-29 update

愛とはすなわち、見返りを求めず無性で相手に与えること。自分のことより相手のことを優先して考えられているかどうか。

こーんなに愛を注いでいるのに、なかなか相手と心の距離が近づかない。受け容れてもらえない。自分がこんんなに想っているなら、もっと距離が縮んでいいはずなのに。

って、それはここで言うところの愛とは違う。

言葉や態度で、相手のことを想ってる。愛を注いでいる。そう示してみたところで、心のどこかで利己的な考え、自分を優先して見返りを求める考えがあれば、そりゃ単なる自己満足。

本当に大切だと思う人へは、自分への見返りなんかを求めずに、愛を注げばいい。すると距離は近づくんだから。離れたい人とは関わりを求めなければ自然と離れる。すべては心のありよう次第。

<記事を読む>
注いだ愛の分だけ、大切な人との心の距離が近づく。引き寄せられる人も遠ざかる人も、自分の心が決めている。


【番外】ランク外だけど小川独断でお薦めしたい記事


まずは自分が幸福でありそれが当然だと思うこと。幸福である理由について目を向けること。すべては未来のさらなる幸福のために起きている。

中途半端な期待はいらない。今幸福なのが当然で、さらに幸福になるのも当然なんです。だから執着せずに今の幸福を素直に受け容れればいいんです。

幸福になりたいと思えば幸福は逃げ去り、幸福だと思えば幸福を引き寄せるんです。幸福は幸福が好きなんです。今が幸福。それが当然それでいい。

とはいえ、現状に甘んじるのではなく、現状をより良くしようと思えること、そしてそれを実践しようとするそのこと自体が幸福なんです。それ以外にも目を向ければいくらでも幸福はある。

だから少しくらい足踏みしていても焦らないでいいんです。そこにある幸せを目を向け、未来のイメージさえ当然のごとく描けていればそのとおりになる。もちろん恋愛も結婚も同じこと。

<番外記事を読む>
【図解あり】幸福だと思う心が幸福を引き寄せる。日常の些細な出来事にも、幸福と喜びを見つけられる心構えを持とう。
2015-09-18 update


というわけで10月もよろしくお願いします(^。^)y-.。o○

引き続き日本のどこかでお会いしましょう。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
※2015年12月までの確定分を更新してます。
http://blog.livedoor.jp/ssi_insight/archives/1673226.html

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール


小川健次小川健次 at 00:19│厳選過去ログ集 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote