2015年09月17日

心からその人のためだけを想うと、必ず愛は引き寄せられる。見返りへの執着を手放して愛を注げば、大切な人との距離はグッと縮まる。

■見返りへの執着を手放して愛を注げば、愛する人を引き寄せる


その人との物理的な距離とは一切関係なく、その人との心の距離は自分の心が決めているものでしょう。

小川健次Blog

心でそう望めば近くなり、そう望まなければ遠くなる。それは誰が決めているのではなく、自分自身が決めている。



とはいえ、距離を近づけたいと想っているのに、なぜだか遠ざかる。距離がまるで縮まることなく、どんどん離れてしまうこともある。

相手との距離が遠ざかるってのは相手のことを想っているのではなくて、自分のことだけを想っているから。近づきたいという自分の欲求を満たしたいだけの自分本位な自己満足。それに付き合いたい人なんかいませんよ。だから必然的に遠ざかる。

こんなに想いを込めているのに。愛を注いで・・・



■愛は愛を引き寄せる


その人との距離を近づけたい。そう思い描いているにも関わらず、距離が近づかないのは自分に原因がある。それは相手の気持ちを考えずに、自分を満たしたいという欲求の現れに過ぎないから。

だから手放す。自分のこと、自分への見返りは期待しない。執着もしない。

ただその人が幸せになれること。ただその人が笑顔になれることを想えばいい。そしてそのために自分に何ができるかを考え、それをやればいいんです。

表面上は距離が遠ざかっている思うことがあるかもしれない。気持ちが離れてしまっているように感じるかもしれない。でも大丈夫。想い続ければそれは必ず届くんです。

本気でその人の幸福を祈れる、その人の笑顔のために力を尽くせる。そこまで揺るがない思いを抱けるなら、それこそストレスも不安もないでしょ。些細なことで心がザワつくこともありませんわ。

期待なんかしなくていい。執着なんかもいりませんよ。だって・・・