2015年03月13日

相手と真剣に向き合い、本気で寄り添えば心が共鳴し合う。相手を尊重すれば、信頼が深まり絆が強固になる。

■相手の心に寄り添えられるかどうか


冷静によーく話を聞いてみると面白おかしい話しをしているし、話術も巧み。それでもいまいち人から敬遠される人はいる。

小川健次Blog

一方でそれほど話がうまいわけじゃない。よくよく聞いても何言ってるかわかないのに、なぜか人が集まる人もいる。

その違いがどこにあるのかと聞かれれば、そりゃいくつかあるし、個別具体的にみていけば、もっといろいろな理由が考えられる。だからどれとは簡単にはいえないが、明確に共通していることはある。

それはズバリ、相手の心に共感できること。そして共感していることを言葉と態度で示せること。つまりは共感していることを相手に感じさせることができること。

自分を認められたい。自分を理解してもらいたい。自分の存在に価値を見出したい。そんな思いは誰の心の根底にだってあるものです。

その思いを理解してくれる人。その思いに共鳴してくれる人。だから安心できるし惹きつけられる。その人に話しをしたいと思うし、その人の声に耳を傾けたいと思う。その人との対話の時間を持ちたいと思うもの。

そりゃ誰だって、自分の思いを理解してくれない人と話したいとは思わない。自分を軽く扱う人の存在を重く感じることなどできやしない。投げても返ってこない相手とキャッチボールはしたくない。

会話を遮って上からカブせられたり、言われなくてもわかっていることをネチネチと批判されたり、一方的に自分の言いたいことだけを延々と話されたところで、その人に認められてるとは思わないでしょ、自分が大事にされてるなんて感じませんよ。

それがいくらテクニックに優れていて、わかりやすい話しだったとしても、それちょっと何か間違ってる、としか思えない。

結局のところベタな話しで落ち着きますが、相手も気持ちを理解して、それに共感しようとすることができること。相手の気持ちに寄り添えることが重要なのでしょう。

<参考過去記事>
自分がそうしてほしいと思うことを、まず自分が他人にそうしてあげると、すべてがうまくいく。

まず相手の立場で考えない限り、どんなに巧みな話術も結局すべて抜けてくだけですから。


■本気で向き合えるかどうか


もちろん相手の心に寄り添っていることは、態度で示さなきゃわからない。

相手の心に寄り添って、相手に共感しようと思ったならば、当たり前ですが相手の話しを聞きますよ。最後まで。途中で上からカブせない。余計な意見をまず挟まない。

別にテクニックでもなんでもない。ホントに相手のことを理解しようと思うなら、自然とそうなるでしょ。そして必要に応じて相手が話しをしやすいように質問する。

これをいちいち小難しく考えてあれこれ言う人がたまにいますが、難しいなんてことはない。だってホントに相手のことが心配だったり、相手のことを考えてるときって、まずは相手の話しを聞くじゃないですか。

それをいつでも誰に対してもすればいいだけのこと。まあ別に誰彼構わずって必要はありませんがね。せめて日常的に関わる人や自分の大切な誰かには。

そうやってまず相手のたちばで考え、相手を尊重し、相手の話しに真剣に耳を傾ける。真剣に向き合う。そういう人とは誰だって話ししたいと思うもの。それは会話術云々はまったく関係ない。

それを上っ面じゃなくて本気でやる人。そういう人と関わることで、自分を認めてもらえる安心感。自分に共感してもらえる自信が得られる。だから人が集まってくる。

さらに、ちゃんと人の話しを聞く、人の心の声に耳を傾ける。そういう姿勢をもって話しをするから、話しが相手の心に届くんです。別にうまくて綺麗な言葉じゃなくても、ホントにその人のためを思う言葉になる。だからそういう人の言葉は胸に響くもんでしょう。

<参考過去記事>
正面から向き合って話し合えば解決できる。向き合わないからお互い疑心暗鬼になる。

もちろん会話術やプレゼンスキルは持っているに越したことはないでしょう。上っ面でも気の利いたトークができれば、その場はうまく立ち居振る舞うこともできるでしょう。

でも最終的に判断されるところ、人に好かれる、人を惹きつけるっつーのは、もっと違うところ。相手と真剣に向き合えるかどうか、向き合ってくれるかどうかってことでしょうな(^。^)y-.。o○


来月は札幌と仙台へGO。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
http://blog.livedoor.jp/ssi_insight/archives/1673226.html

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール