2015年03月12日

<お知らせ>引き続きのブログ本編の話題を中心にしながら、ちょっとと違った切り口で、言いたい放題やりたい放題気味で配信中(気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません)。

【無料/小川健次メールマガジン『ブログには書けないここだけの話し』】
小川健次メール


【図解あり】大切にされたければ大切にすること。自分が注いだ想いの分だけ人から想われる。

■自分の接し方が相手の接し方


他人は自分の心の鏡、というのは割と本当で、自分の周囲の人たちとの関係や、自分が他人にどう扱われるかというのは自分の心の状態を現している。

asarasshi

誰だって思い当たることの一つや二つはあるでしょう。あなたの機嫌が悪ければ、周囲もあなたに対して好意的な対応はしないし、その逆もまたしかり。

誰かに大切にされる人というのも、つまりはその人が相手を大切にしているから。大切にしているから大切にされるし、大切にしてなければ大切にされないのは当たり前。

とはいえ、自分はあの人を大切にしている。なのに大切にされていない。そう思っている場合は要注意。

それってホントに心からそう思っていることなのか。ホントのホントに相手のことを優先的に、見返りを期待しないでも想いを注げているのかどうか。

大切って言っておけばそれでいい。それ言ってる私可愛い。そう言っておけば相手は機嫌が良くなる。そんな想いが心のどこかに見え隠れしていないかどうか。

結局それって相手のことが大切なんじゃない。自分が大切。自分が可愛い。実は言うほど相手を大切に思ってない。

小川健次Blog

もちろん誰でも自分が可愛い。自分が優先。それはそれでいい。それが悪いわけでもない。

ただ、自分が注いだ分の想いしか相手からは返ってこないということ。心のどこかに中途半端な思いがあれば、相手も中途半端に思うだけ。ただそれだけのこと。

<参考過去記事>
自分を愛し自分に自信を持てれば、他人からの束縛から解放される。他人を束縛しなくなる。

自分が想うほど、人に大切にされていないと感じるならば、他人も同様にあなたに大切にされていないと感じているということでしょう


■期待は不安と恐れの裏返し


だったら話しは簡単ですよ。自分がそうして欲しいと思うのと同じレベルで、相手を大切にすること。ただし見返りは期待しない。

みんなそれほどアホじゃありませんから。見返りを期待して何かをしているのって、空気感で見透かされるますよ。だから興醒め。ああ、なんだそういうことね。となる。

そして重要なのは、見返りを期待するというのは、何かを得たいという欲求を意味しているだけじゃないということ。

見返りを期待するというのは、失いたくない、という不安と恐れの発露でもあるんです。これやってあげるから私の前から去らないで。こういうふうに言うから私を嫌いにならないで。みたいな。

そして不安や恐れの感情は相手に伝播するもの。だから相手もどこか不安になるし、どこか恐れる気持ちになる。それが相手の言葉や態度に現れるから、こっちは大切にされていないのではないか、とさらに不安になる。まさにネガティブスパイラル。

だからもう最後は開き直りですよ。伝えて手放す。

相手を大切に思う気持ちを態度と行動で示し続ける。でもそれを受け容れるかどうかは相手次第。スルーされてもガン無視されても全然平気。だって見返りを期待しない、純粋に相手を大切にしたい気持ちだけだから。

すると不思議と相手に大切にされる。相手もそれに応えてくれる。見返りを期待しない純粋な想いは相手に届くし、結果的に返ってくる。

それでもホントにガン無視&スルーされる場合は縁がなかった。そりゃしょうがない。次へ行くか耐えて次の機会を待つかの選択すればいいだけのこと。

<参考過去記事>
【図解あり】縁があれば愛が育まれる。縁がなければ愛は消え去る。あとは信じる。ただそれだけ。

いずれにしても、自分の想いの強さの分だけ、その想いが相手から返ってくるってことですわな(^。^)y-.。o○


引き続き日本のどこかでお会いしましょう。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
http://blog.livedoor.jp/ssi_insight/archives/1673226.html

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール