2015年03月10日

言葉に対する価値観は人それぞれ。他愛のないと思うことでも、相手にとっては嬉しい言葉もある。

■言葉の意味はその都度変わる


その人を勇気付けようと思った言葉でも、その人にしてみりゃ、それが心の傷をえぐられるような痛い言葉だったりすることはある。

小川健次

一方で、どうということのない何気ない一言が、その人の心を揺さぶってヤル気を誘発することもある。

言葉の価値や意味なんてのは、絶対的に不動なものじゃない。その場そのときその状況。言う人聞く人によって、コロコロと変わるものですよ。

重要なことは、言葉として相手に何を言うかではなく、意思をどのように相手に正確に伝えるかでしょう。言葉はあくまで手段であって、本来の目的じゃない。目的は意思を正しく伝達すること。

言ってしまえば、何を言うかなんてのはあまり関係のないことで、相手に何を伝えたか、相手の心に何を届けたか、にこそ意味がある。

だから、あなたにとって他愛もないと思うことでも、その一言が相手を喜ばせることもある。あなたが意を決して想いを込めた言葉もも、軽くあしらわれることもある。

それはもうしょうがない。だってそれはその言葉に対する価値観が合ってないわけだから。その言葉の意味についてお互いの認識がずれてるんだから。

その人それぞれの言葉に対する価値観はもちろんのこと、その場そのときそ状況や環境によって、言葉の意味は変わってしまうし伝わり方も変わってしまう。

<参考過去記事>
【図解あり】大切な相手でも心が通い合わないときはある。それを理解して待てばいい。時期が変われば心が通い合うことはある。

だから日々の生活の中で相手を理解し、チャンネル合わせる努力は必要なんです。


■自分はそうでなくとも相手は嬉しい


とはいえ、価値観違うから、自分はこう思うし、相手と違うから。そう思って何も言わないなら何もはじまらない。

特に、自分にとっては他愛もないこと、大したことじゃないと思うことでも、その一言が相手を勇気づけることならなおさらのことでしょう。

え?それ言われて嬉しいの? そんな当たり前のことわざわざ言う必要もないでしょ。と思うことでも相手にとっては重要なことだったり、軽くだとしても言われりゃ死ぬほど嬉しいこともある。

それが「お疲れ様」の一言だろうが「ありがとう」「愛してる」でも何だっていいですよ。こちらからしてみると、わざわざ言わんでもわかるやろ。そう思うことでも言われりゃ嬉しい。心が躍る。

面と向かって言葉で言われればそれが一番いいのでしょうが、電話でもメールでもいいんです。

つまるところ、相手は言葉の内容云々以上に、あなたが気遣ってくれていること。そのために気持ちを表現してくれていることが嬉しいんです。だから細かい言い方云々は関係ない。その意思を示すことですよ。

<参考過去記事>
【図解あり】相手の言葉ではなく行動を理解すれば、あなたと相手との関係にある意味と価値が見えてくる。

上でも言ったように、言葉そのものへの価値観は人それぞれ。でも気持ちを通い合わせることはできるはず。そのための手段として、言葉を使うことは怠ってもいいことなんか一つもないでしょう。

特にそれが自分にとって些細なこと、他愛もないと思うことであったとしても、相手を大切にしたいと思う気持ちを示すのであれば、言葉にしないとどうしようもない。

もちろん、その言葉の裏付けとなる態度と行動、つまりは日頃の行いが相手に伝わっているという、前提がなければ、それこそ何を言っても曲解されるだけですがね。

まあそれにしたって、人が喜ぶ顏、それも自分にとって大切な人が喜ぶ顔を見れるなら、他愛がないと思う言葉でも言って損することなんかありませんよ。

まずは今日、小さなことでも一言伝えてみるだけで、相手が喜んでくれるかもしれませんね(^。^)y-.。o○


6月には熊本行きも決定しました。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
http://blog.livedoor.jp/ssi_insight/archives/1673226.html

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール