2015年03月06日

信じる想いが大切な人との関係を深める。信じて素直になれると、お互いが心地よくなれる。

■信じて自己を明け渡す


信じてさえいればそれでいいかといえば、そんなことはありませんわな。

kumaoyako

信じているに相応しい言動であること、そして信じていることを、相手に伝える努力は惜しまないということくらいは必要ですよ。その前提で今日のタイトル。

なので信じてると言ってみたところで、それが心から信じていることなのか。ただ何となくそう思っているだけなのかによって関係は全然違う。

ホントは相手のことで知りたいことがあるのに、そこに触れることでギクシャクするのが怖いから、藪蛇になるのがイヤだから、とりあえず信じてるという言葉で自分を偽る。

心から信じているなら、そんな不安は感じませんよ。だから聞きたいことは聞く。フタを開けてみなきゃいけないことはフタを開けてみるんです。どうせそこには何もない。心から信じていれば全然平気。

まあそこで、万一変なモンが出てきてしまったのなら、それはそれで信じた自分が馬鹿だったと。その場反省してさようなら。次の出逢いにエネルギーを向ければいいだけのことでしょう。

言ってみれば、信じるとは自己を明け渡すこと。あらゆる疑念や不安を無くして相手に委ねてしまうこと。

もちろん、それでも主体性は失わない。自分は自分。相手は相手。自分というパーソナリティは失わないけど、相手のパーソナリティを尊重して委ねる。

<参考過去記事>
駆け引きをやめて相手に明け渡してしまえば、身も心も軽くなり恋愛もビジネスもうまくいく。

つまりは素直になるということ。自分が相手を思う気持ちに。そこに余計なあれこれは考えない。大切な相手なら大切。だから信じる。その思いが関係を深めていくということでしょう。


■信じれば信じてもらえる


結局のところ、疑うから疑われる。信用しないから信用されない。お互いがそうだから言葉の一つ一つに対して余計な深読みするし、だから誤解が生まれる。だから些細なことで喧嘩して、些細なことでさようなら。

いいじゃないですか。その人が大切なら大切で。その人のことが好きなら好きで。その想いにどう応えるかはその人しか決められない。あなたは決められないんです。だからお任せ。素直な気持ちで明け渡す。

そこに駆け引きは必要ないんです。だから相手も素直な気持ちでそれを受け止められる。素直に駆け引き無しで向き合ってくれるんです。

信頼関係ってその積み重ねでしかないですよ。計算と駆け引きで出来上がった関係なんて、表面をつくろってるだけでお互い疲れる。そして疲れがピークに達したところでドカンと爆発。

とはいえ何でもかんでも、素直であればいいかとえば、それもバランスの問題でしょう。誰だって入ってきてほしくない心の領域はある。関わってほしくないと思うことはある。

<参考過去記事>
【図解あり】心地良い距離感を保てる相手は信頼できる。心地良い距離感が崩れると信頼関係も崩れる

冒頭でも言ったように、信じているならそれを言葉と態度で示すこと。つまりその人に対しては素直でいることですよ。そこで下らない駆け引きは必要ないから。もちろん常識の範囲内で。

信じている、その言葉を免罪符に、言葉にしない、態度に出さないというのは、信じていない証拠ですよ。自分を明け渡してないんだもん。

まあそれで結果的に傷つくこともあるかもしれないし、結果的に泣くことになるかもしれませんがね。そんときゃいつものとおり、泣いて酒飲んで寝ればいいだけのこと。

それに何より、大切だと思う人の前では、素直でいられるってのは、お互い一番心地いいってもんでしょう(^。^)y-.。o○


◎自分が納得できる選択をするための『明確な目標の設定』セミナー。

<セミナー『明確な目標の設定』>
自分自身と向き合い、やりたいことを発見しながら、あなたが心から望む明確な目標を設定する方法を学ぶことができる特別講座です。
■03/14(土)13時~ 新 潟
http://www.ssigrp.com/seminar/mokuhyo.php
■04/04(土)13時~ 仙 台
http://www.ssigrp.com/seminar/mokuhyo-sendai.php
■04/11(土)13時~ 札 幌
http://www.ssigrp.com/seminar/mokuhyo-sapporo.php

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール