2015年03月03日

他人がどう思うかよりも、自分が納得できるかどうかを優先すると、迷いや不安は消えてなくなり、自信と勇気が湧いてくる。

■生きてるのは自分の人生


自分で自分を評価するというのは、なかなか簡単なことじゃない。だからどうしても他人からの評価ばかりを気にしてしまいがちになる。

inuneko

もちろん社会生活を営む以上は、他人からの評価は多少は気にする必要はある。あまりおかしな評価をされれば、協力してもらえないしコミュニケーションさえ避けられる。

とはいえ、それも程度の問題で、他人からの評価ばかりを気にしてしまって、身動きとれなくなってしまうようであれば、それこそ本末転倒。他人からどう評価されるかばかり考えて、そもそもお前はどうしたいんだ?ということになりかねない。

営業上、それなりのセルフブランディングも必要でしょう。自分という人間を正しく、かつ営業的に都合良く見せるにはどうすればいいか。でもそれはそれとして別で考えればいいこと。

つまりは先に自分の明確な目標や、やりたいと思うことがあってのこと。そのための手段としてセルフブランディングが必要であれば、それはそれでちゃんと考えればいいじゃないですか。

単に批判をされるのではないか。おかしなヤツだと思われるのじゃないか。嫌われるのじゃないか。そんなことばかりを先に気にしてたら何もできない。

どうしたら好かれるのだろう。どうすれば自分を良く見せられるか。自分を大きく見せるにはどうしたら。そんなことばかりを先に考えてたら、やるべきことができませんよ。

順序が逆なんです。先にも言ったように、まずは自分がどうしたいか。自分は何を目標にしているかがある。それは他の誰でもない。自分自身が心から納得できること。心からそうしたいと思うこと。それを他人がどう思うかは関係ないでしょ。

<参考過去記事>
他人の人生を生きるのか、自分の人生を生きるのか

優先すべきは他人からの評価じゃなくて、自分の生き方や考え方。だってそりゃ生きてるのは他人の人生じゃなくて自分の人生なんだから。


■最後の最後は自分次第


いろいろと厄介なのは、他人からの評価というのは、自分で自分に言い訳するときに、結構便利に使えてしまうということ。

ホントは自分がやりたかったんじゃない。皆がそう期待したから。あの人がこう言ったから。あーだこーだ。壁や試練にぶつかったとき、そうやって自分に言い訳できる。逃げる口実になる。

逆に、主体的に自分でこうだと決めたことってのは、諦めませんよ。結果的にそれがうまくいくかどうかは別にして、やれるとこまでやり切れる。だから結果に納得できるし、次への切り替えも早いんです。

まあそれに、他人からの評価なんて、その場そのときの空気で変わるもんです。そんなもん気にして、それに乗っかるのもバカバカしいもんでしょ。

しかもその評価だって、それはその人の価値観、世界観の中で言っていることだけ。人は人。自分は自分。よそはよそ。うちはうち。

<参考過去記事>
人は思いつきでモノを言う。しかも言いっ放しで覚えてない。だから華麗にスルーでOK!

成功哲学の祖ナポレオン・ヒル博士も言うように、僕たちが何かをやろうとするときに感じる不安のうち、もっとも大きな要素は、他人から批判を受けること。他人からの評価が下がること。

逆に言えば、他人からの評価や批判をガン無視&華麗にスルーできれば、不安のほとんどは消えてなくなるってことですよ。

そして、自分がその選択によって納得できるかどうかを優先して考えれば、どんな現実だって受け容れられるようになる。自信と勇気が湧いてくるんです。別に他人がどうのなんて関係ないでしょ。

だって最後の最後は自分を信じるしかないんだし(^。^)y-.。o○


◎自分が納得できる選択をするための『明確な目標の設定』セミナー。

<セミナー『明確な目標の設定』>
自分自身と向き合い、やりたいことを発見しながら、あなたが心から望む明確な目標を設定する方法を学ぶことができる特別講座です。
■03/14(土)13時~ 新 潟
http://www.ssigrp.com/seminar/mokuhyo.php
■04/04(土)13時~ 仙 台
http://www.ssigrp.com/seminar/mokuhyo-sendai.php
■04/11(土)13時~ 札 幌
http://www.ssigrp.com/seminar/mokuhyo-sapporo.php

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール