2015年02月27日

意地を張らずに言葉にしてみればいい。素直になれるとお互いの信頼関係は急速に深まる。

■素直になっても負けじゃない。


先に謝ったら負け。自分だけが好きと言うのは悔しい。こちらからばかり連絡するのはシャクにさわる。別にどうということでもないことで意地を張る。

fukuro

いやまあ意地を張っててもいいんですがね。それでお互いの関係が深まるかといえばそうでもない。むしろ遠ざかってしまうものでしょう。

あるんだかないんだかわかんないような、どうでもいいプライドじみた何かを守るためだけに、張らなくてもいい意地張って、気づいたときにはさようなら。素直になれば良かったなんて、そのとき後悔しても後の祭り。

どうなんでんしょうねえ。そのあたりのことは、誰でも自分の過去を振り返ってみれば、同様の経験の一度や二度くらいはあるんじゃないですか。

いや、それが言いにくい話しだというならまだわかる。意地云々より以前の問題で、大人の社会にはなかなか言えないこともある。そういう躊躇いはある意味しょうがない。

そうでもなくて、単に相手に主導権握られそうだ、なんか悔しい、みたいな、どうでもいい理由で意地張ってるなら、そりゃバカバカしいことこの上ない。

だったらとるべき選択は一つですよ。自分が思う気持ちは、素直に相手に伝えればいいだけのこと。

伝えるから気持ちが届く。伝えるから、相手もあなたが何をどうして欲しいのかがわかる。そこで、はじめて次のステップに進むし、信頼関係を築く礎ができるというものでしょう。

ときに駆け引きが必要なこともあるでしょう。あえて自分から行かずに相手から来るのを待つ、みたいな。それにしたって所詮はその場限りの小手先ですよ。いつでも通用することじゃない。

<参考過去記事>
駆け引きをやめて相手に明け渡してしまえば、身も心も軽くなり恋愛もビジネスもうまくいく。

まずは変な意地を張らずに、気持ちは素直に伝えてみることです。


■意地を張らなければ自分の居場所が見つかる


逆の立場で考えてみればわかること。相手に素直に気持ちを伝えられたからといって、自分が主導権握れてヤッターなんて考える人なんていませんよ。気持ち悪い。

普通に相手の気持ちがわかって良かったと思うだけじゃないですか。まあその内容が喜べるものか、そうでないものかの違いはあっても、素直に気持ちを伝えてもらえたことそのものを、普通に嬉しく思うものですよ。

誰もいちいち駆け引きを基準にしてコミュニケーションなんてしませんし、駆け引きだけのコミュニケーションする相手だったら、そもそも意地を張る必要だってない。

素直に駆け引きなく気持ちを伝えてくれる。だから相手も素直に返したくなる。くだらない腹の探り合いではなくて、普通に思っていることを言い合える自然な関係って、そうやって築かれていくものでしょうよ。

だから信頼関係が深まるし、そうすりゃ余計な意地を張る必要もない。だから疲れないし、余計なことで不安にならない。だからホッと安心できる自分の居場所が見つかるんです。

別に思っていることを素直に相手に言っても、それで損することなんかありませんから。自分の望みを伝えて困ることなんかないでしょ。

<参考過去記事>
正面から向き合って話し合えば解決できる。向き合わないからお互い疑心暗鬼になる。

それでNOと言われる。それで嫌われる。そういうこともある。でもそれはそれで、NOだということがわかったということでいいじゃないですか。泣いて酒飲んで寝ればいいんです。そしたら次に行けばいいだけだから。

なんだか、あるんだかないんだかよくわからないような、小さな自尊心めいたもののために意地張ったところで、得られるものなんてそうそうない。

だったら素直になってみる。それだけで人との信頼関係は急速に深まるってもんですわな(^。^)y-.。o○


7月までの予定の確定分を更新しました。来月は新潟・大阪でお会いしましょう!

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
http://blog.livedoor.jp/ssi_insight/archives/1673226.html

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール