2015年02月07日

いつもより10分早く動きだすだけで、ストレスはかなり軽減できるし問題も起こらない。

■余裕があるから失敗しない


10分かどうかは時と場合によるわけで、そういう意味ではタイトルはやや釣り気味ですが、主旨としてはまあそういうことです。

inu3

どんな場面であれ、時間に追われるとロクなことがない。正常な判断を失うことにもなるし、それ自体がストレスにさえなる。

運転中に赤信号の連続でイライラする。電車が遅延でイライラする。時間にもっと余裕があるときなら、そういうイライラもそれほど感じないでしょう。

そりゃ不慮の事故で、結果的に時間に余裕がなくなってしまうことだってありますよ。それにしたってある程度の余裕を予め持っておけば、想定の範囲内で収まることだってあるでしょう。

とはいえ、それでも想定外のことはある。でも完全に想定外でどうにもならないことならば、それはそれで開き直ればいいことだから。

<参考過去記事>
どうにもならないことにクヨクヨするのは百害あって一利なし

そこまでの不可抗力じゃなければ、ある程度は未然に防げるでしょう。そのためにも予定より10分早く動けばいいだけのこと。

10分早く動くだけで慌てることは少なくなる。

出かける直前に慌てて鏡の前で化粧見直して、イライラしながらブツブツ言うこともないでしょう。発車寸前の電車に駆け込み乗車して、周りの乗客に冷たい視線を向けられることもないでしょう。

それに何より、時間に余裕があれば心が落ち着く。冷静に物事考えられる。だから焦って後になってみると意味不明としか思えないような、アホなミスや失敗もしなくなる。

いつもより10分早く動き出す。ただそれだけのことですよ。


■積み重ねるから余裕が生まれる


自分に余裕がなくなると、他人に対してだって優しくなれない。あなたがイライラするから相手もイライラする。些細なことで人間関係のストレスだって感じてしまう。

時間が無いから早くして。時間がないからこうしましょ。そんなお互いの理解を深め合う間もなく、ただただ慌ただしくコトが進んでしまうから、いつか一方が冷静になったときに、あれ?これおかしくね?となって破綻する。

たかが10分ですがね。6日積み重ねれば1時間分。1年積み重ねれば約60時間(約2日半)分の余裕ですからねえ。意外とバカにできない。

目標に対してのスタート地点を、常に10分前倒し。別に10分じゃなく、30分でも60分でも構いませんが、多すぎる余裕は今度は逆に無駄になる懸念もあるので、そこはまあ状況次第。常識の範囲内でバランス良く。

これもいわゆる「代償」と言えるものでしょう。

心の余裕や、ストレスからの解放。そしてそこから得られる多くの成果のために、10分という時間を代償のために差し出すんです。

<参考過去記事>
【図解あり】得られる成果は差し出された代償に比例する。何も差し出さなければ何も得られない。

時間ギリギリまでボーっとテレビ観てたり、スマフォで遊んでいるくらいの10分を、自分のために代償として差し出したところで、別にどうということはないでしょう。

ならば、今日から動き始める予定時間をすべて10分前倒し。仕事のために家を出る時間も10分前倒し。

些細なことかもしれませんが、結局のところ心の余裕や、そこから生まれる成果とは、こういう些細なことの積み重ねによるところが大きいのでしょう。

まあ一番の原則はDo it now!(今すぐやれ)であることについては、まったく変わりはありませんがね(^。^)y-.。o○


行動力を高めるには

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
http://blog.livedoor.jp/ssi_insight/archives/1673226.html

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール