2015年01月24日

他人の良いところを探してみると微笑みがこぼれる。どうでもいい批判ばかりしているとストレスが蓄積される。

■損するだけで得るものなし


多かれ少なかれ他人のことが気になる人というのはいるでしょう。

nekoude

職場の同僚でも近所の人でも、それこそ友人関係でも。あの人がどうの。この人がどうの。別に自分と全然関係なにいのになぜか気になる。

気にしたところでどうにかなるわけじゃない。気にしたところで得することがあるわけでもない。それでもなぜか気になる。

暇なんですよ。他人のことを気にする余裕がある。考えたってどうしようもないことを考えられるだけの余裕がある。目の前でやらなきゃいけないことがないからですわ。

鼻先に包丁突きつけられるような、まさに大ピンチにあるときに、隣の奥さん冷蔵庫を新しくしたのねーなんて考えないでしょ。納期ギリギリの仕事している最中に、あいつ車を買い替えたんだよなーなんて考えることなんかない。だから暇なんです。

そしてもう一つ。自分の立ち位置を他人との比較でしか推し量ろうとしないから。

あの人があれこれやってる。あいつがあーなってこーなってる。それと比較して自分はこうだああだ。あの人がこうだということは、自分はこうかもしれない。

主体が自分じゃなくて他人なんです。そしてその他人のことはどうにもできない。だから疲れるしストレスになる。おかげでさらに他人が気になりまたストレスになるという、負の無限ループ。

他人のことを気にして、その人をどうこうできりゃまだ救いがあるのかもしれない。でも現実にはそんなことはないでしょ。他人は他人、うちはうち。

ホントに生産性なさすぎですよ。どうにもならない、おまけにどうでもいいことを考えて、それで一人でストレス感じてイライラする。その一人遊び楽しい?

だからどうでもいいこと。どうにならないことはスルーすればいい。

<参考過去記事>
どうでもいいことはイラついても得るものなし。どうでもいいから笑顔でスルー。これ基本。

それこそエネルギーの無駄だから。そのエネルギーを自分の問題解決や、自分にとって楽しいことに向ければいいだけのことでしょう。


■自分にとって学べるところを探す


とはいえ、そんなことはわかっていても、他人のことは気になってしまうもの。それが人情というものでしょう。

誰だって他人との比較の中で、自分の立ち位置を推し量ろうとすることはある。まあそれはある意味では普通のことですよ。人間だもの。

だったら、他人の良いところ。もっと言えば自分にとって参考になるところを探して、そこを気にすればいいだけのこと。これはそんな難しいことじゃない。

あの人がどうのこうの。その視線って主に批判的な視線でしょ。だったらそれを肯定的なものに変換すればいいだけのこと。あの人のこういうところは参考になる。あの人のこういうところは真似したい。

その相手がたとえ憎いあんちくしょーだとしても、その人のことあれこれ文句言ったってはじまらないし、気にしたところでストレスになるだけでしょ。だったらその人から何が学べるかを考えればいいだけ。それが反面教師だとしてもね。

他人のこと気にして、ワケ知り顔の上から目線でその人批判してみたところで、その場は勝った気になるかもしれませんがね。でもそれ自分の脳内でだけだから。実際には勝ち負け以前に勝負さえしてないし。虚しいだけよ。

だったら、その人から吸収できることを吸収し、学べることを学んだほうが生産的。それこそ意味不明な一人相撲によるストレスだって感じなくなる。

そして何より、そういう視点、つまり人に敬意を示すことができる。そういう態度で人に接することができるというのは、心の余裕の表れでもある。そういう余裕のある人だから人に信頼されるし愛される。

結果、ストレスどころか充実感が増し、学びも増えて人に優しくなれるという、肯定的なスパイラルになるんです。

<参考過去記事>
自分で自分を認められれば、他人のことは気にならない。自分を認められないから、他人のことが気になる。

どうも他人のことが気になる。気にしなくてもいいのに、なぜかあいつのことでイライラする。そんな風に感じるときは、ちょっと視点を変えて、その人のいいところを探してみることです。自分が学べるところを考えてみることです。

それだけであらあら不思議。ストレスもイライラもなくなり、なんだか微笑みがあふれてきた・・・なんてことになるかもしれませんな(^。^)y-.。o○


7月までの予定の確定分を更新しました。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
http://blog.livedoor.jp/ssi_insight/archives/1673226.html

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール