2014年12月29日

愛していようが信じていようが、最後は言わなきゃ伝わらない。言葉にするから関係が深まる。言葉にするから縁が結ばれる。

■行動だけでは汲み取れない


どんなに気の効いたセリフであろうと、行動が伴わなければ単なる薄っぺらな言葉遊び。聞いてるほうも言ってるほうもただただ寒いだけ。

wolf

言葉を裏付ける行動があってこそ、言葉に意味が宿るものでしょう。そういう意味でも、単に言葉を並べりゃ良いというものではないのは当たり前。

とはいえ行動ですべてが語れるかといえばそうでもないでしょう。そもそも相手がそのとおり汲み取ってくれるかどうかなんてわからない。

だから行動でさえ示していれば、伝わるかといえばれも違う。つまりは両方必要だというのは、まあ今さらここで話すまでもない当たり前のこと。

行動と態度で示してさえいれば、いつか気持ちが伝わる。いつか真意がわかってもらえる。ってわかるワケないでしょう。

頻繁に食事に誘ってくれる。あれこれ無理して自分のために力を尽くしてくれている。あ、ひょっとして私に気があるのかな?でもそれっぽいこと言ってもらってるわけじゃないし、よくわからないからまあいっか。

最後は言葉にしなきゃわからない。相手にしたって言葉にしてもらえなければ確信できない。安心できない。言葉にするから真意が伝わる。望みが伝わるんです。

だいたい言葉にしたところで、本意が正しく伝わるとは限らない。その場そのときその状況によって、相手に正しく伝わっていないことだってあるでしょう。それに人は時間によって変わることだってある。昨日と今日が同じだとは限らない。

だから本当に真意を相手に届けたければ、最後の最後は言葉を尽くして伝えるしかないんです。そしてそれは何度でも。昨日言ったかどうかは関係ない。今日の気持ちはどうなのか。今の気持ちはどうなのか。言葉でちゃんと届けることですよ。

とはいえ口は災いの元。否定的な考えや、他人へのネガティブな思いまで言葉にする必要はないし、その場そのときの空気は察っする必要はある。

<参考過去記事>
相手のことを想うからこそ言葉にできる。自分のことを守ろうとするから言葉にできない。

つまりは自分本位であるか相手本意であるかということでしょう。


■言葉にすれば思いも強まる


言葉で伝えるといっても、そんなに肩肘張って、緊張しながら言うようなこともそうそうない。いやまあ人生を左右しかねないような話しあればそれもいい。でも日頃の生活の中ではもっと気軽に考えればいい。

応援してる。期待している。高く評価している。信用している。信頼している。好き。愛してる。大事だと思っている。等々、なんでもいいんです。相手に対して思っていることを、素直に言葉にして伝えればいいだけですよ。

もちろん相手との関係のバランスがあるので、何でも軽々しく言えばいいかといえばそうじゃない。それでも中途半端に下手な駆け引きで本心隠すくらいだったら、ちゃんと言葉にするほうが100億倍マシですよ。

逆に考えてみればいいんです。自分のことを気にしてくれているなら、それを言葉にされれば嬉しいじゃないですか。少なくともそれでネガティブな感情になることもないでしょう。よほど問題のある相手からの言葉じゃなければ。

人の悪口や、他人の気分を害することではなく、その人を肯定的に評価しているという意味で言葉を発することで、失うことなんてありませんよ。

もしそれで相手から嫌われることになったとすれば、それはもともと嫌われてたというだけのこと。それがわかって良かったじゃないですか。酒飲んで泣いて寝て新しい縁を探せばいいんです。

それに言葉にするというのは、自分自信の感情をより揺るぎないものにする。自分の発した言葉が自分自身の潜在意識下でイメージとなる。だからそのイメージを実現しようとするモティベーションが高まる。

カンタンに言うと、その人を大切にすると言葉にすれば、本当に大切にしたくなる。だから行動が生まれて結果的に言葉を裏づけることになる。そして信頼が深まるんです。

<参考過去記事>
【図解あり】言葉はイメージを生み出す。良いイメージを描きたければ、良い言葉を使おう

どんな些細なことでもいいんです。別に小奇麗で洒落た言葉であるy必要もないでしょ。その人に伝えたい想い、その人と共有したい何かがあるのであれば、ますはそれを言葉することですよ。

それで損することは少なくともないはずだから(^。^)y-.。o○


自分の思いを相手に正しく言葉で伝える方法

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
http://blog.livedoor.jp/ssi_insight/archives/1673226.html

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール