2014年12月25日

<お知らせ>年末年始も引き続きの平常運転で、ブログ本編の話題とはちょいと違った切り口で、言いたい放題やりたい放題気味で配信(気の短い人とメンタル弱い人にはお薦めしません)。

【無料/小川健次メールマガジン『ブログには書けないここだけの話し』】
小川健次メール


【図解あり】あなたは相手に何を求めますか。あなたはそれ以上のことを、相手にしてあげられますか?

■求めるものに見合う代償


求めなければ与えられないのは当たり前。そもそもあなたが何を求めているかわからなければ、何を与えていいかわからない。

hamu

同時に求めていることを意思表示しなければ、求めていることすらわからない。

さらに、あなたが求める以上は、変わりに相手に差し出すものがなければ、何も与えてもらえることもないでしょう。

よほどの博愛主義者でもありゃ話は別でしょうがね。人は誰でも差し出した代償に対して見返りを期待するものです。

いや、もちろん見返りを求めないのが「愛」だし、それが理想。とはいえ、現実には心のどこかで自分が注いだ労力に見合った見返りを求めるもの。

それは物質的な価値あるものだけでなく、優しい言葉の一言、ささやかな気遣い、一緒に過ごせる喜び。など有形だろうが無形だろうがそりゃ何でもいいんです。相手が求めているものに合致するならば。

自分の理想は求める。あんなことができて、こんな容姿で、こんな社会的地位にこんな年収。こんな性格で。って、あれこれ自分都合で好き勝手に求めるのはいいんです。求めるのはタダだから。

でも一方で、あなたはその人に何をしてあげられるんでしょう。あなたが理想とする人が求めるもの、あなたのパートナーが求めるものや、その期待を上まわって喜ばせられるもの、あなたは提供できますか?

そこを無視したところで何も手には入りませんよ。

risou

求めているもの、手に入れたいものを得るためには相応の代償が必要なんです。そりゃ人間関係も恋愛関係も同じこと。

<参考過去記事>
【図解あり】得られる成果は差し出された代償に比例する。何も差し出さなければ何も得られない。

自分は求める。でも相手が求めるものはスルー。これじゃ何も得られない。


■お互いにとって価値を生み出すもの


理想の相手を求めるのはいい。そして大切な相手に何かを求めるのもいいでしょう。でも同時にあなたが何を与えられるかを考えることを忘れないことです。

さらにそれは、相手が求めているものと合致していること。

そりゃそうですよ。あなただって求めてもいないもの与えられても困るでしょ。同じようにあなたが何ができようが、相手がそれを求めてなきゃ意味がない。

がっぽり稼いで楽させてあげる。そう言ったところで、相手がそれを求めてなきゃ稼ぐこと自体は二人の関係に価値を生まない。美味しい料理と作ってあげられたって、相手が料理の腕を求めてなければそこに価値は生まれませんな。

いや、無価値ということではないでしょうが、お互いを強烈に結びつける「絆」になり得るかといえば、そうじゃないということ。別に打算的である必要はありませんがね。あなたが求めているのと同じように、相手もあなたに求めていることがあるという当たり前のこと。

だから求めるのはいいんです。あなたも相手が求めているものを与えられれば。

そこをガン無視して、理想だけあれこれ並べたり、要求だけを一方的につきつけたりするから、理想の相手と結ばれなかったり、大事な相手との関係がギクシャクしたりするんです。

まあ、それにしたって突き詰めれば、自分の心の状態を現わしているにすぎないんですがね。

<参考過去記事>
他人は自分の心の鏡。大切にするから大切にされる。適当な扱いをするから適当に扱われる。

考えてみれば、誰だって人間関係や男女関係がうまくいっているときってのは、与え与えられという関係が自然に成立しているってもんですしね(^。^)y-.。o○


来年もいろいろあります。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
http://blog.livedoor.jp/ssi_insight/archives/1673226.html


【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定の無料メールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール