2014年10月23日

引き続き無料メールマガジンも配信しています。こちらはブログでは書きずらいことを、言いたい放題好き勝手に。

【メールマガジン『ブログには書けないここだけの話し』】
小川健次メール


【図解あり】本当に愛していれば傷つけるようなことはしない。本当に愛されていれば傷つけられるようなことはされない。

■その場は良くても後で泣く

人は誰かと関わっていたいと思うもの。もちろん一人でいたいときもあるけれど、誰かと関わっていたい時間のほうが多いもの。

yagineko

その相手が家族であろうが仕事絡みだろうが、友人知人だろうが誰でもいい。一人でいるときとは違う何かを得られるから。

とはいえ寂しさ紛らすだけの関係だったら、それこそ一人でいるほうがマシ。馴れ合いや傷の舐め合いで生まれるものは、未来へのリスクだけ。

その関係から生まれる付加価値がなければ、ある日突然ハタっと冷める。えーと。この人との関係にどんな意味があるのかしら?

そうなったら後悔だけ。後悔だけならいいけども、馴れ合い傷の舐め合いで出来上がった惰性の関係は、清算するのもグダグダですよ。

そもそも一緒にいて付加価値を生まない。理由がない。だから清算するのにも理由が見つからない。結果何となくズルズル。そしてグダグダ。最悪は修羅場に発展して目も当てられない事態になる。

男女の問題に限らず、仕事でも友人関係でも同じこと。

その場は癒されるかもしれない。その場は楽しいかもしれない。でも付加価値を生まない付き合いってのは結局後で疲弊することになる。寂しい思いをすることになる。傷ついて泣くことになるんです。

hima

まあその場凌ぎの寂しさ紛らわすならそれもいいのでしょう。ちょっとした飲み仲間との関係ならそれでもいい。

<参考過去記事>
【図解あり】お互いが主体性を発揮する緊張感ある関係だからこそ価値がある

一方で、過ぎ行く時間や限られた出逢いの中で、自分の人生に付加価値をもたらすような人との関わりをしたいと思うなら、少し考えてみてもいいかもしれません。今の人との関わり合い方を。


■お互いが付加価値を生み出しているか

そこで、今日の記事タイトルですが、こちらは潜在意識活用の世界的権威として知られる、ジョセフ・マーフィー博士の言葉の一節から丸パクリ。
本当に愛していれば傷つけるようなことはしません。
本当に愛されていれば傷つけられるようなことはされません。
ジョセフ・マーフィー

ここで言われている、傷つける傷つけられる、という意味は、物理的な意味での傷つけるということだけじゃない。それに、心ない言葉を言う、相手が嫌がる行動をするという意味での、精神的な意味で傷つけるという意味だけでもない。

お互いの関わりを通じて、最終的に無価値で無意味な時間を過ごしてしまった。そう思うような結果として傷つくような付き合い方に対しても言えることでしょう。

言ってしまえば、付加価値を生まない付き合い方をして、相手が結果的に傷つくことになるのは、あなたがその人を本当は愛していないから。

逆に、付加価値を生まない付き合い方で、あなたが結果的に傷つくことになるのは、あなたがその人に本当は愛されていないから。

もちろん、お互いが主体性を発揮し、お互いの力がお互いを補完し合うことで、ともに価値ある時間を過ごすことができたのであれば、一時的に傷つくことがあったとしても、それこそ後になってもその関係で得た経験が活きるもの。

そして良い関係だったと言えるもの。

<参考過去記事>
【図解あり】お互いの世界観を尊重し合えるから、マスターマインドの関係性がつくられる

何をもって、付加価値というのかはその人次第でしょう。具体的に目に見える物質的なものでもいいし、精神的なものでもいい。

良いアイディアが生まれる関係。心からストレス無く笑顔でいられる関係。会話から多くの学びと気付きが得られる関係。持っているスキルを補完し合える関係。ビジネスでのギブアンドテイクやウィンウィンが成立する関係・・・など。

なんだっていいんです。自分が心から価値あると思えさえすれば。そして相手が価値あると思えるものを与えることができていれば。

ただ何となく惰性。傷の舐め合い。もたれ合い。寂しさ紛らわせるための人間関係はぬるくて気持ちいい。まあときにはそれが必要なこともあるでしょう。

お互いにとって付加価値を生み出せるような付き合いのほうが、いろいろ面倒に思うこともあるかもしれない。それで泣きたくなることもあるかもしれない。本気であるだけね。

それでもやっぱり、本気の付き合いのほうが面白いってもんですしね(^。^)y-.。o○


来週末は新潟。その次には札幌でお会いしましょう。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
http://blog.livedoor.jp/ssi_insight/archives/1673226.html

【毎日配信/ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定のメールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール