2014年10月14日

【図解あり】イライラして余裕がないときだからこそ、人に優しくしてあげると、余裕が生まれる。

■感情は行動に引きずられる

その場そのときその状況によって、気分に余裕がなくなるときはある。

nekohagu

どんなときでも平常心でいられるのら、それが一番いいのはそりゃ誰でもわかってる。

そうは言っても、色んな事情で大なり小なり、心に波風立ったおかげで余裕がなくなることはある。イライラしたりムカムカしたりすることはある。

些細なことなんでしょうがね。ちょっとしたこと、小さなきっかけで余裕がなくなる。

余裕がないから、なぜか思ってもみないことを言ってみたり、本心とは違う行動をしてみたり、余計なことして誤解され、ますますイラつく華麗なるイライラスパイラル。

そんなときだからこそ、あえて人に優しくしてみる。イラついているからこそ優しくするんです。

もちろん本心じゃなくていい。だってイラついてるんだから。本心から優しくなんかなれないし、そもそも優しくなれるなら最初からイラついてない。

嘘でもいい。形だけでもいいんです。とにかく優しいフリでいい。それでもやってみるとあら不思議。なぜか気分が落ち着いてくる。なぜかホントに優しい気分になってくる。

manga

結局のところ僕たちの感情は行動に引きずられる。

笑いながら怒ることができないように、イライラしながら優しくなんかできないんです。逆に言えば無理矢理にでも優しい行動するとイライラが消えていく。余裕が生まれる。

<参考過去記事>
苦しくて困っているときほど、苦しくて困っている人を助けると、状況が好転する

だから余裕がないときほど、余裕のあるフリをするんです。やがてそれがホントに心の一部になってくる。


■優しくして損することはない

一方であまり溜めこむのも毒ですからねえ。それはそれで時にうまく吐き出すことでしょう。まあ吐き出さなくても黙って我慢してれば消えてなくなるもんですし。

ずっとイライラ状態、余裕がない状態が続くことなんてそうそうありませんわ。所詮は気分。時間が経てば消えてなくなる。

そういう意味では時間の経過に身を任せるのもありでしょう。

それに自分で本当にやりたいことのために、集中して何かに取り組んでいればイライラする余裕自体がなくなりますわな。

<参考過去記事>
イライラから解放されて、目の前のことに集中する処方箋

まあそれでも、イラついて余裕がないときには手っ取り早く、身の回りの誰かに優しくしてあげることですよ。

誰かのために何かをしてあげようと思えば、先述したように最初は嘘でもだんだん本気になってくる。だんだんホントに優しい気分になってくる。

まあそれに、それで仮にイライラが収まらないにしても、余裕が生まれないにしても、誰かに優しくして誰かに感謝されるなら、それはそれで儲けもんでしょう。誰も損することもないし。

それで感謝の一言でも言われりゃ、それだけで心に余裕が生まれますよ。それでも嬉しくない人なんてのもそうそういない。そこまで偏屈になる必要もないでしょう。

ちょっと余裕がないと自分で感じるとき、まずは身近な誰かに優しくする。そんな処方箋を覚えておくだけで、ストレスもそう感じなくなるってことでしょうな(^。^)y-.。o○


今夜は東京でマーフィー講座。週末は沖縄へ。

■全国セミナー・講演会開催予定(小川担当分)
http://blog.livedoor.jp/ssi_insight/archives/1673226.html

【ブログには書けないここだけの話し】
当ブログの最新の更新情報を中心に、ブログでは書けないここだけの話しや、都合によりカットしたネタ。また、各種お得なサービスのご案内などをブログ読者限定のメールマガジンでお届けしています。
(以下のバナー画像をクリックして登録フォームへどうぞ)
小川健次メール