2014年05月03日

矛盾の中にも一貫性と納得感があればいい。

世間はゴールデンウィーク。
楽しく遊びに行く人は移動時間の合間に、家でゴロゴロしている人はその時間の有効活用に、仕事している人はその憂さ晴らしに。

kakorog

という、それぞれどういう名目でも構いませんが、この連休に役立ちそうな話題を中心に、このブログの過去記事を雑談まじりのセルフセレクションで。

なので記事タイトルは後付けであまり意味ありません。

■実はブログの記事を更新するときに、毎回コンセプトにしていることが二つあります。

一つは具体的に特定の誰かに向けて書くこと。

その相手が憎いあんちくしょーか、大好きなあの人か、それともたまたま一緒に飯食っただけのあの人かは、そのときどき。その人のことを想定して、その人の顔を思い浮かべて書いてます。

だからあの日のあの記事は、あなたのことかもしれないし、あなたも知るあの人のことかもしれない。もしくはあなたが全然知らない人のことかもしれない。もちろんこの記事そのものも。

なぜそうするかというのは、この記事を参考で。

学びを成果や結果に変えるには、具体的な誰かをイメージしてアウトプットすること


■そしてもう一つは、汎用性のある内容であること。

あまりに個別具体的すぎる事例や、表層的なテクニック論というのは、用途が限定されすぎて応用が効かないことが多い。また、時間の経過とともに使えなくなったりすることがよくある。

なので、あくまでも原則論を中心に、そこから読む人が勝手に解釈して応用できること、後になって読み返しても使えることを前提にしています。

これも過去記事で代表的なのはこのあたり。

【図解あり】コミュニケーション・テクニックなんて役にたつわけないでしょ


■さて、そんなコンセプトでブログを更新しているわけですが、これまで大した記事数書いていなくても、やっぱ書いた内容というのは忘れるもんです。

そうするとたまに、あれ、俺って前にこういうこと言ってたよなぁと、書こうとしている記事と矛盾があったりする懸念が生じて、迷うことも実は少なからずあります。

でもそれは気にしない。まあ表現上は矛盾に見えることでも、自分の中では納得できているというのがその大きな理由ですが、それ以上に、どうせ読んでるほうも覚えてないから。

人は人の話を聞いてないし覚えてない。だから気にする必要ない。


■とは言っても、表現上の矛盾は別にして、基本的には先にも書いたように原理原則的な話題を念頭に置いているので、そうそう言ってることに違いはないはず。

特に人間関係の話題なんかでは、仕事であろうが恋愛だろうが、友人関係だろうが、基本的には同じような話題が多い。

その、代表的な話題としては、主従や依存ではなく、お互いが主体性を持ったパーソナリティによって結ばれる関係性の重要さというテーマ。

【図解あり】お互いが主体性を発揮する緊張感ある関係だからこそ価値がある


■あえて、日頃の僕の発言と矛盾がありそうな話題としては、インスピレーションに従え、というようなことかもしれません。

いやまあ、これも矛盾は全然なくて、それだけではないし、それも一つの要素としてのテーマという意味で重要なんですがね。

これなんかは特にそうですが、僕は人との関係性で割で重要視してます。
つながりを感じられる相手とは、初対面でも食事を一緒にしますし、そうでなければお茶飲むのも面倒だったりしますからねえ。

つながりを感じることができる人との出逢いは、インスピレーションに従ってみるといい


■とまあ、いろいろ過去記事拾ってみましたが、他にもピックアップできそうなのがありますので、あとは適当に拾ってお読みください。

が、ブログの記事は所詮はブログの記事にしか過ぎない。本もセミナーも同じですが、最終的には現実社会の「行動」にそれをどう活かすかが大事なのであって、活かさなけりゃ意味なんてありませんがね。

そして活かせるかどうかも、それも自分の心が求めているもの次第ということでしょう。

うまくいくのが好きだからうまくいくし、失敗するのが好きだから失敗する


って、いろいろピックアップしてみたらゴールデンウィークの話題と全然関係無い話題になりましたが、まあそれもありということで。

そんなわけで素敵なゴールデンウィークをお過ごしください(^。^)y-.。o○


その他細かいテーマについてはお会いして話しましょう

5月-7月 全国開催セミナー(小川予定)
http://blog.livedoor.jp/ssi_insight/archives/1673226.html

小川健次小川健次 at 04:09│雑談 | 厳選過去ログ集 このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote