2013年12月06日

誰にだって得意なこともあれば苦手なこともあるもんです。いやまあ全部を何でもこなせる天才も中にはいるんでしょうが、ほとんどの人はそうじゃない。

苦手なボールは見送るかカットしてファールでしのぎつつ。打てるボールを確実に外野まで運ぶ。プロってそういうもんで、すべての球を打ち返せるわけじゃないことを心得ている。

苦手なことに照準合わせて、全体のバランス崩しちまえば、できることすらできなくなる。だからこそ、自分ができることを把握する、つまり自分を知ることってのが、どんな場面でも重要なんでしょうな(^。^)y-.。o○

Facebook2013/12/06投稿分より