2016年02月14日

潜在意識からの声に従うから、欲しい結果を引き寄せる。状況や環境に惑わされず、自分の心の声を信じれば答えはみつかる。

■潜在意識が答えを知っている。


これまでに体験した経験など、五感を通じて得た情報のすべては、良いも悪いも含めてすべて潜在意識に蓄積されている。

小川健次Blog

楽しかった思い出はもちろんのこと、記憶から消してしまいたような悪夢の出来事。そして自分では意識していないうちに五感を通じて入ってくる様々な情報まで。続きを読む

2016年02月13日

苦しくてしんどいなら、泣いて酒飲んでとっと寝ればいい。心身の疲労を溜ずに吐き出せるのも、望みの結果を手にする人の共通項。

■無理なときに無理しても無駄なだけ。


そこで何が起こっているか、そこに何があるのかは、実際のところは関係ない。その人の心のありよう次第。解釈次第で変わるのだから。

小川健次Blog

生きてりゃ誰にだって楽しい事もあれば、苦しいこともある。笑えることもあれば、悲しいときだってあるものでしょう。禍福は糾える縄の如し。続きを読む

2016年02月12日

期待をしないで信じて手放せば、人間関係のストレスは消えて無くなる。お互いの違いを認め合えれば、愛と信頼で結ばれる。

■期待を押し付けるからお互いがイライラする。


誰であれ自分の考え方や自分の価値基準を持っている。そもそもみんな生まれも育ちも違う人同士。違って当然違うのが普通。

小川健次blog

なのに、ときに自分の考え方や価値基準が、世の中の標準だと思ってしまう。自分の思考の世界がすべてで、みなが同じと思ってしまう。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:15│人間関係 | 恋愛・結婚 このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年02月11日

苦しいときこそ、誰かの力になれれば問題を解決できる。自分がして欲しいと思うことは、何よりもまず他人にそうしてあげよう。

■マイナスをプラスに変える処方箋


どうも思い通りにいかないと感じるときがある。何が悪いというわけじゃないのに、いまいちパッとしない。

小川健次Blog

別に気が乗らないわけじゃない。特段体調悪いワケでもない。それでもなぜかうまくいかない。納得できる結果を出せない。続きを読む

2016年02月10日

予期せぬ出来事に心揺さぶられても、根っこがブレなければ大丈夫。あなたがホッと落ち着ける場所、還るべきところはどこですか。

■見た目揺れても根っこがブレなければ大丈夫


なんだかんだ言いながらも、自分の家に帰るとホッとする。自分が普段使う枕が一番良く眠れる。

小川健次Blog

あれこれ試してみたり、あれこれ興味関心持ってみたりしても、結局落ちつくところが一番落ち着くものでしょう。続きを読む

2016年02月09日

言葉に秘められたエネルギーが、幸福をその手に引き寄せる。愛と感謝を伝える言葉を発するから、人に愛される人になる。

■言葉はイメージになり潜在意識に影響を与える


口にした言葉というのは、それがどんな内容であれ、言われた人にとってはもちろんのこと、言った本人の心にさえ、大なり小なりの影響を与えるものです。

小川健次Blog

言葉はそれを耳にして、心に落とすと同時にイメージになる。潜在意識はイメージによって方向付けがなされる以上、それはまあ当たり前。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:44│引き寄せの法則 | 人間関係 このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年02月08日

好きにも嫌いにも理由はいらない。湧き出る想いに素直になろう。素直になれると欲しいものを引き寄せる。答えは常に自分の中にある。

■好きは好きだし、嫌いは嫌いでそこに理由は必要ない。


物事には常々原因というものがつきまとう。何かが起こるということは、そこに何かの原因があり、結果に至るまでのプロセスがある。

小川健次Blog

おおよそほとんどのことは、原因と結果の関係については論理的な説明ができるもの。そこには相応の説明できる理由があるものですわ。続きを読む

2016年02月07日

本当にやりたいと思うなら、それをやれる環境をつくればいい。進みたい道に障害物があるのなら、障害物のない道を歩めばいい。

■人は怠惰で楽をしたいと思うのが自然なこと


やらなきゃいけないことがある。それでも気持ちがそちらに向かない。集中できない。仕事がまるではかどらない。そんな気分のときはある。

小川健次Blog

自分を律しなければいけない。ここで止めておかないといけない。わかっちゃいてもブレーキ効かないこともあるでしょう。続きを読む

2016年02月06日

迷いや不安は動いてしまえば消えて無くなり、心もすっきり清清しくなる。止まるだけの暇人になると、ますます何もできなくて苦しくなる。

■何もしてないから不安や迷いに心が支配される


問題解決の方法がわかっても、前進できる環境が整っても、いまいち結果に確信持てない。不安要素が気になってしょうがない。

小川健次Blog

いい人だということもわかるけど、裏切られることないとわかっていても、どうも安心できない。その人の欠点ばかりが目についてしょうがない。続きを読む

2016年02月05日

すべての出逢いと別れには、そうなる理由と意味が必ずある。それは今より幸福になるための、必要で大切なプロセスだということ。

■すべての出逢いと別れは未来の幸福のためにある


会いたいと思う人にいつでも会える。一緒に過ごしたいと思う人といつでも一緒に過ごせる。そんな自由があるならば、誰でもそれを望むでしょう。

小川健次Blog

とはいえ、現実にはなかなかそうもいかないこともある。こっちに都合があるように相手にだって都合がある。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:31│人間関係 | 恋愛・結婚 このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote