2016年03月20日

大切な人とのご縁は、インスピレーションに従うから結ばれる。頭の中で電卓叩いているうちに、ご縁は宇宙の彼方に消えて無くなる。

■心の奥底で響き渡る警報に耳を傾けてみる。


特段思うところや考えるところがあるわけでもないのに、初対面の人に感じるインスピレーションってのはある。

小川健次Blog

それが良いか悪いかに関係なく、この人とは関わり深くなりそうだ。この人はちょっと怪しい人なので避けたほうがいいかも。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:05│人間関係 | 恋愛・結婚 このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年03月19日

何気ない一言でも、その人には飛び上がるほと嬉しい言葉がある。言っても無駄だと決めつけず、まずは言葉にしてみよう。

■言葉の価値観は人それぞれ。


心を込めて、その人のためを想って送った言葉なのに、いまいち相手の心に刺さらないことはある。

小川健次Blog

刺さらないどころか、意味不明の疑問顔になられることだってあるでしょう。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:02│人間関係 | 恋愛・結婚 このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年03月18日

他人からの評価よりも、未来の理想の自分のイメージを優先しよう。自分の価値基準に従えば、結果がどうあれビールが美味い。

■他人からの評価に右往左往するから疲れる。


ときに自分を振り返り、目指す未来に対して、今の時点でどの程度までそこに近づいているかを考える。評価の基準はあくまでも自分自身。

小川健次Blog

とはいえ、日々の忙しさに流れてしまうと、評価の基準を自分じゃなくて他人に置いてしまいがち。あの人と比べてどうか。あの人の言うことに対してどうか。あの人からの評価はどうなのか。続きを読む

2016年03月17日

必要もないのにいい人を演じていると、無駄に疲れて苦しくなる。素の自分を表現できると、愛されて心がスッと軽くなる。

■人目ばかり気にするから疲れる。


よほど変わった人でもなければ、わざわざ悪い人と付き合ったり関わろうは想わない。できることなら、いい人と付き合いたいと思うのがごく普通の感覚でしょう。

小川健次Blog

せっかく誰かと関わるならば、精神的に楽で、心地よくいられる人と過ごしたい。精神的な圧迫感や、不要なストレス感じるような人との関わりはできれば避けたい。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:58│人間関係 | 恋愛・結婚 このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年03月16日

傷ついて痛い思いをしても、必ず立ち直れるから大丈夫。みんな自分で思っているほど弱くない。

■傷ついた経験の数だけ傷への耐性が上がる。


計画は完璧。準備も万端。どうやったったってうまくいく。と思っていても、まるで予想外、完全に予測不能な不可抗力の事故なので、うまくいかなくなることはある。

小川健次Blog

そういうことは誰だって避けたいですよ。結果が良くなきゃ、いろいろ痛い。物質的にも肉体的にも、それこそ精神的にも痛いのはイヤなもの。続きを読む

2016年03月15日

ミスで失敗をしたら、落ち込むより前に解決法を考えよう。自分を責めるより、解決のために行動すればセルフイメージが高まる。

■責めるべきはミスであって、人間性じゃない。


チャレンジすることのすべてが、望みどおりの結果になるなら、それはそれで万々歳で嬉しいかぎり。

小川健次Blog

とはいえ、現実というやつは、そこまで僕たちに優しくない。時にムチを振るって厳しさというヤツを教えてくれる。続きを読む

2016年03月14日

他人の心を支配しようとしなければ、深い信頼関係で結ばれる。違いを認めて尊敬できれば、心穏やかに付き合える。

■押し付ければ避けられる。


親子であろうが、上司部下であろうが、恋人だろうが、お互いの距離がどれだけ近かろうとも、自分と他人は違うというのは当たり前

小川健次Blog

人生観や価値観、趣味趣向に至るまで、100人いれば100通り。皆それぞれ違う。続きを読む

小川健次小川健次 at 01:10│人間関係 | 恋愛・結婚 このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年03月13日

手に入れた幸福への執着を手放すと、さらなる幸福を引き寄せる。守ることばかり考えると、不安に心が支配されて幸福は消えてなくなる。

■独占しようとすれば不安だけが募り、幸福が逃げ出す。


心から嬉しいと思うこと、幸福だと思えることは、他人に伝えるほど、分かち合うほどに、その感動が強くなるというもの。

小川健次Blog

もちろんそれが単なる自慢であれば押し付けにしか過ぎないし、伝える状況や相手次第というのは大前提。続きを読む

2016年03月12日

思い込みのブレーキを外せば、仕事も人間関係も可能性が広がる。固定観念につくられた虚像ではなく、そこにある現実に目を向けよう。

■イメージの虚像に惑わされるとチャンスを逃す。


それがどう見ても、誰がみたってリスクであって、リターンもほとんどないようなことは避ければいい。

小川健次Blog

明らかに失うことばかりで、得るもの無し。経験としても価値が無い。そんなもんに手を出すなら、他に手を出すべきことがある。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:51│人間関係 | 潜在意識の活用 このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年03月11日

大切な人の幸福を優先するから、相手からも大切な人だと思われる。自分の幸福だけを優先すれば、めんどくさい人だと思われる。

■手放して想いに寄り添えば返ってくる。


自分がそうして欲しいと思うこと。それをやってもらえれば誰だって嬉しい。自然と笑顔もほころぶものです。

小川健次Blog

そして、それをやってくれた人のことを好きになる。いや、好きになるまではいかないしても、少なくとも嫌いにならない。敵だとは思わない。続きを読む