2016年03月26日

望んだ結果は、マンネリ感や停滞感を超えた先にある。目には見えていなくても、ゴールに近づいていることを確信しよう。

■結果が出るには時間がかかる。


撒いた種が翌朝には芽を出して、その日のうちに実をつけて、すぐにその場で収穫できる。そのぐらい原因と結果が近ければ不安に思うことも多くない。

小川健次Blog

ほとんど待たずにすぐに結果が出るならば、あれこれ不安や心配になるようなことを考えなくてもいいでしょう。そんなこと考える間もなく結果が出るんだもん。続きを読む

2016年03月25日

別れた大切な相手でも、縁があればお互いを引き寄せる。過去への執着を手放して、未来の心躍る幸福に目を向けよう。

■人と人との関係は予測不能


神様の前で一生の愛を誓った二人が、その数か月後にはドロ沼の離婚協議なんてのは、よく聞く話し。

小川健次Blog

つい先日まで親友と言い合っていた二人が、今やお互いに弁護士を通じてでしか、会話できなくなるほど険悪になっているなんてことも、世間には少なくない出来事。続きを読む

小川健次小川健次 at 03:00│人間関係 | 恋愛・結婚 このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年03月24日

不安や心配に別れを告げて、満ち足りた心の状態を手に入れよう。潜在意識に描かれたイメージが、幸福を引き寄せる。

■身近にある幸福を見つけよう。


さほど生活に影響を与えることもないような、小さなことや細かなことに気を取られ、あれこれ振り回されるのはバカバカしい。

小川健次Blog

とはいえ、それが小さなことや細かなことだとしても、それが直接的に生活に大きな影響を与えないことだとしても、あえて意識したほうがいいこともある。続きを読む

2016年03月23日

どんな試練も、自分を信じられれば乗り越えるのは超楽勝。泣きたいほど苦しくても、あなたにはそれを乗り越える力がある。

■ホントにダメなことなんてない。


万策尽きてもはやここまで。これ以上はもうどうにもならない。どうしようもない。そう思ったことの一度や二度は誰にだってあるでしょう。

小川健次Blog

こればっかりはしんどくて耐えられそうにない。今度はもう乗り越えられそうにない。そういう考えが頭の片隅をよぎることは、日々生活してればそりゃゼロじゃない。続きを読む

2016年03月22日

あなたが思うほど、他人はあなたのことを気にしていない。他人にどう思われるかを考えなければ、もっと自由にいろいろできる。

■気にするほど他人はあなたを気にしてない。


好む好まざるとに関わらず、自分以外の誰かと直接的間接的に関わらなければ、生きていくことは難しい。

小川健次Blog

人は社会的な生き物である以上、無意識的にでも他者との関わりの内容によって、自分の立ち位置を測るもの。だから必然的に自分以外の誰かとの関わりを求める。続きを読む

2016年03月21日

大切な人とのすれ違いも、不安に思わず信じていれば大丈夫。誤解は必ず解けるし、想いが届くときは必ずくる。

■理解し合えなければ少し距離をとる。


どんなに善意を尽くして放った言葉でも、それを悪意と受け取られることはある。逆に悪意を持って言った言葉を善意として受け取られることもあるでしょう。

小川健次Blog

同じ言葉でも言う人や聞く人、その場そのときそのシチュエーションによって、意味や解釈は変わるもの。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:29│人間関係 | 引き寄せの法則 このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年03月20日

大切な人とのご縁は、インスピレーションに従うから結ばれる。頭の中で電卓叩いているうちに、ご縁は宇宙の彼方に消えて無くなる。

■心の奥底で響き渡る警報に耳を傾けてみる。


特段思うところや考えるところがあるわけでもないのに、初対面の人に感じるインスピレーションってのはある。

小川健次Blog

それが良いか悪いかに関係なく、この人とは関わり深くなりそうだ。この人はちょっと怪しい人なので避けたほうがいいかも。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:05│人間関係 | 恋愛・結婚 このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年03月19日

何気ない一言でも、その人には飛び上がるほと嬉しい言葉がある。言っても無駄だと決めつけず、まずは言葉にしてみよう。

■言葉の価値観は人それぞれ。


心を込めて、その人のためを想って送った言葉なのに、いまいち相手の心に刺さらないことはある。

小川健次Blog

刺さらないどころか、意味不明の疑問顔になられることだってあるでしょう。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:02│人間関係 | 恋愛・結婚 このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote

2016年03月18日

他人からの評価よりも、未来の理想の自分のイメージを優先しよう。自分の価値基準に従えば、結果がどうあれビールが美味い。

■他人からの評価に右往左往するから疲れる。


ときに自分を振り返り、目指す未来に対して、今の時点でどの程度までそこに近づいているかを考える。評価の基準はあくまでも自分自身。

小川健次Blog

とはいえ、日々の忙しさに流れてしまうと、評価の基準を自分じゃなくて他人に置いてしまいがち。あの人と比べてどうか。あの人の言うことに対してどうか。あの人からの評価はどうなのか。続きを読む

2016年03月17日

必要もないのにいい人を演じていると、無駄に疲れて苦しくなる。素の自分を表現できると、愛されて心がスッと軽くなる。

■人目ばかり気にするから疲れる。


よほど変わった人でもなければ、わざわざ悪い人と付き合ったり関わろうは想わない。できることなら、いい人と付き合いたいと思うのがごく普通の感覚でしょう。

小川健次Blog

せっかく誰かと関わるならば、精神的に楽で、心地よくいられる人と過ごしたい。精神的な圧迫感や、不要なストレス感じるような人との関わりはできれば避けたい。続きを読む

小川健次小川健次 at 00:58│人間関係 | 恋愛・結婚 このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote